カテゴリ: 場所

小田急相模原にあるミュージックバー、ブラックモンクス。 住宅街にひっそりとあるんです ... 続きを読む
小田急相模原の住宅街の中にひっそりと佇むBarがあります。
DSCF0459
DSCF0457
お店の名前は「Black Monks 1990」。
おそらく開店は1990年。
20年以上この地でお店をされているんですね。
DSCF0432
生ビールはハートランドのようでした。
キンキンに冷やしたグラスに注いでもらいます。
DSCF0433
壁に並べられたウィスキーとレコードの数々。
僕からすると懐かしい1980~1990年代の音楽が流れる店内はかなり居心地がいいんですよ。
DSCF0434
ということで、おかわりにウィスキーをストレートで。
グレンモーレンジーのオリジナルを。
DSCF0435
本当はいろいろなウィスキーを試してみたいのですが、ちょっとそれは次回にとっておきたいと思います。
ここ、帰りがけにふらりと立ち寄るお店としては本当にいいお店。
また行こうと思います。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

小田急相模原はサウザンロード沿いにある居酒屋です。 コストパフォーマンスいいね。 ... 続きを読む
小田急相模原駅近くにあるサウザンロード沿いにある居酒屋に行ってきました。
DSCF0430
お店の名前は「とり八」。
鶏肉料理のお店…というといいのでしょうか?
DSCF0368
生ビールをまずは中ジョッキでいただきます。
ビールはサントリーのモルツとのことです。
サントリーだとは思いますが、モルツ…かなぁ。
あ、金麦ではないことは確かだと思います。
DSCF0369
お通しは豆腐。
このゴマ豆腐とか、きちんとおいしくてうれしい。
DSCF0370
まずは、15種以上の朝獲れ鎌倉野菜旬菜サラダ。
とりあえず野菜をしっかり食べておかないといけませんからね。
DSCF0371
なんとなく気になって瓶ビールも注文です。
こちらは4月中旬に伺って製造年月日が3月下旬という鮮度。
なかなかいいんです。
…が、少し薬品臭かったので、また生ビールに戻りました。
生ビールとボトルビールで味わいが違うような気がしたのはなんででしょうかね?
DSCF0377
おすすめ料理もしっかり食べようということで、まずは国産ひな鶏の黄金揚げをいただきました。
食べやすいサイズにカットして出してくれます。
これが888円はなかなかいいですね。
DSCF0372
もう一つの名物が月見つくね。
つくねの上に卵の黄身が浮かんでます。
これ、見た目にも楽しい。
DSCF0373
そしてこの日のおすすめメニューだったのが、桃茶豚の味噌漬け。
柔らかくもジューシーで、ビールがすすむ、箸が止まらない…な一品。
意外にボリュームもあって、頼んで正解でした。
DSCF0376
あ、もちろん、焼き鳥もしっかり。
ぼんじり、おいしい…
DSCF0378
これらの料理を食べながら、ビールは生ビールに戻しましたが、サイズを大ジョッキで。
中だと500円が大は880円。
飲むペースにもよりますが、サイズ的にはこちらで飲んだほうがお得だと思います。

ビールしか基本頼みませんが、日本酒も種類が豊富です。
意外に値段もリーズナブルに、名前の通った日本酒を置いているので、日本酒を飲んでもいいかもしれないですね。
鶏肉料理だけでなく、お刺身とかも充実しているのが居酒屋ならでは。
鶏肉料理にはビール、お刺身とかには日本酒。
そんな感じがおすすめです。

ちなみに値段は、けっこうしっかり2時間飲んで食べてで一人3000円くらい。
意外にリーズナブル。
2階には30名くらい問題なく入るスペースもあるので、職場の飲み会なんかにも使いやすいと思います。

お奨め。



関連ランキング:居酒屋 | 小田急相模原駅



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

博多の屋台で、ゆっくりとビールを。 日本のお父さんにもあってきました。 ... 続きを読む
博多に行ったら屋台でしょう…
ということで、屋台をはしごしてきました。
DSCF0219
そんな1軒目は紀文。
よく知らないんですが、中尾彬さんとも交流があるんですか?
DSCF0214
ビールは瓶ビールでサッポロとアサヒ、そしてキリンがありました。
でも、キリンは他のお客さん専用だといわれ、とりあえずサッポロの黒ラベルをいただきます。
こういうのいいなぁ。。。
DSCF0220
少しつまむものを…ということで、おでんを。
大将に見繕ってもらいました…
DSCF0215
しっかり味が滲みていて優しい味わい。
いいねぇ…
DSCF0222
実は屋台って初めてだったんですけど、荷車にいろいろなものがセットになっていて…腰かけるところがある…なんていうのではなく、雨風はしのげるし、一つのお店として成り立っているものなんですね。
かなり面白い…

2時間くらい屋台で話し込んでしまいましたが、さらにもう一軒ということで、泊まったホテル近くの屋台にも…
屋台の名前は「昭ちゃん」。
以前は冷泉公園横に屋台を構えていたそうですが、福岡市の条例により立ち退きを余儀なくされ、移転をしてきたとのこと。
こんかい、僕らにとってはちょうどよかったわけですが…
DSCF0227

先程の屋台では、おでんとビールでずーっとだったんです。
DSCF0225
まぁ、新しいお店に来てもまずはビール…ということで、スーパードライをいただきました。
瓶ビールには、こういう小ぶりのグラスがいいと思うのは僕だけでしょうか?
DSCF0226
そしてまたおでん。
大根と牛すじ。
この牛筋のほろほろぐらいがたまりませんでしたよ…
DSCF0228
そしてやっぱり〆にはらーめん。
DSCF0229
豚骨ラーメンでしたが、けっこうさっぱり。
そしてどうでもいいことですが、6時間くらい飲み続ける中でぶれずに写真を撮る技術を、自分でも褒めてあげたい… 
DSCF0231
ちなみにこちらの屋台の大将は、以前、JRの広告で、日本のお父さんとして紹介された方。
せっかくなので、酔いも手伝って記念撮影。
DSCF0232
御年81歳。
35歳で脱サラして屋台を始めたとのことで、この道46年の大ベテラン。
本当に素敵な笑顔でした…

ありがとうございました。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サッポロ 黒ラベル 350ml缶 350ML × 24缶
価格:4783円(税込、送料無料) (2017/4/2時点)




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

博多純情らーめん、Shin-Shinに行ってきました。 ここはおすすめ。 ... 続きを読む
久しぶりに博多に行ってきたので、博多駅に直結する博多デイトスにあるラーメン屋さんに行ってきました。
DSCF0200
お店は博多純情らーめん Shin-Shin。
博多デイトスの2階、博多めん街道にお店はあります。
DSCF0197
頼んだのは基本のらーめん。
ネギとキクラゲ、そして比較的ジューシーなチャーシューがついてきます。
麺のかたさは、バリカタでお願いしました。
DSCF0198
食べ始めはすっきりしているかな…と思いますが、食べすすめていくとちょうどよくなっていく、なんともいい塩梅です。
DSCF0199
当然ながら、替え玉をお願いします。
かたさは普通で。
スープも温度が下がっていますし、替え玉の場合には普通くらいの硬さがちょうどいいと思います。
DSCF0194
Shin-Shinですが、博多駅近くに2店舗あるんですよね。
博多駅の筑紫口方面はこの博多デイトス、そして博多口には博多KITTEにもあります。
どちらの出口にもこのお店があるって、よくもまぁそんな作り方をしたものだと思いますが…

でも、おいしいのでよしとします。
満足。

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サッポロ エビス 【350ml缶・ケース・24本入】(ビール)
価格:4857円(税込、送料別) (2017/4/2時点)


関連ランキング:ラーメン | 博多駅祇園駅東比恵駅



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

岡山にある町の洋食屋さん、食堂やまと。 でも、おすすめは中華そばです。 さらにかつ丼(小)をセットで! ... 続きを読む
岡山の名物として、なかなか有名なのが中華そばとかつ丼。
そんなセットを食べに行ってきました。
DSCF4674
お店の名前は食堂やまと。
県庁通り駅と城下駅のちょうど間くらいにあります。
DSCF4676
メニューより中華そばとカツ丼の小を注文。
みんな、なにも疑問に感じることなく同じように注文しているのが面白い。
いや、そんなに昼から食べたら午後、眠くなって仕事ができないと思うんですけどね…
DSCF4678
まずはカツ丼が出てきました。
懐かしのグリーンピース。
そしてトマトソースをベースにしているんじゃないかと思う酸味を感じるソース。
カツは一口サイズにカットされていて食べやすかったです。 
これ、いいね!
DSCF4679
中華そばは、見た目はとてもシンプルです。
醤油ベースではなく豚骨醤油。
チャーシューはかなり肉厚で脂身もしっかりのタイプです。
DSCF4680
麺は、見た目ゴムのようなイメージでしたが、食べてみるとそんなに弾力がすごくあるという感じではなく食べやすかったです。
以外に脂の膜が表面を覆うので、スープがなかなか冷めないのもいいんじゃないでしょうか?
僕は猫舌なのでだいぶ苦戦しましたけども…(笑)
いや、これ、おいしい。

結果、かつ丼を小と中華そばの組み合わせは、ギリギリ食べられる量だったと思います。
そして、こちらのお店に来たら、この両方を食べたほうがいいと思うのです。
その時、中心は中華そばにして、かつ丼を小にするという組み合わせがおすすめ。

街の洋食屋さんという外観と、でも実は中華そばがおすすめというギャップが楽しいお店です。
岡山でのランチに一度は訪れてほしいお店。
ぜひ!


 

関連ランキング:ラーメン | 県庁通り駅城下駅郵便局前駅



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

岡山にあるクラフトビアハウス シュレンケルラ。 ドイツの燻製ビール、シュレンケルラが樽生で飲めるお店ってそう多くはありません。 ... 続きを読む
岡山にあるクラフトビールのお店に行ってきました。
DSCF4727
お店の名前は、クラフトビアハウス シュレンケルラ。
ドイツの燻製ビールが樽生で飲めるお店です。
DSCF4719
クラフトビールは樽生で6種類。
国内外のビールをバランスよくつなげています。
DSCF4715
DSCF4716
サイズは、ハーフサイズ、レギュラーサイズ、男前サイズの3種類です。
さすがに男前サイズは頼めなかった…
値段はハーフサイズが700~800円、レギュラーサイズで1100~1250円、男前サイズが2300~2900円といったところです。
ハーフサイズ、もしくはその中にレギュラーサイズをいくつか入れてみるのがいいのかもしれないなと思っています。
DSCF4651
こちらのお店に来たのであれば、このビールは飲んでおかねばならぬというのが、ドイツの燻製ビール、シュレンケルラのラオホ メルツェン。
スモークされた少しクセのある味わいは、はじめは違和感しか感じませんが、飲めば飲むほどにクセになる味わいのビール。
いや、ほんとにそうなんです。
僕も、はじめは違和感しかなかったのに、飲めば飲むほどにおいしいと思うようになるビール。
飲むべし。
DSCF4652
DSCF4653
DSCF4654
DSCF4655
DSCF4662
DSCF4663
DSCF4664
DSCF4720
フードはどれもおつまみ的なもの。
でも、これが美味しいんですよ。
ビールも燻製ならフードも燻製されたチーズや明太子なんかを合わせるのがおすすめです。
個人的には、炒めた唐辛子とピーナッツが大ヒット!
これは家でも作ってみたいと思っています…
DSCF4660
DSCF4718
全国的にも燻製ビールが常時、樽生で飲めるお店って、少ないのではないかと思います。
そんなお店が、そこまでクラフトビールが広く広まっているわけではない岡山にあるという不思議。

岡山に来たら必ず寄りたいと思うお店。
ここは行くべし!
おすすめです。

 

関連ランキング:ダイニングバー | 郵便局前駅田町駅柳川駅



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote