カテゴリ:お店のジャンル > 和食

外苑前にあるお寿司屋さん、陸。 お寿司屋さんとはエンターテイメントである…って思います。 ... 続きを読む
先日行ってきた外苑前にあるお寿司屋さんがとてもおいしかったので、また後輩を誘っていってきました。
DSCF0759
すし 陸。
外苑前から南青山3丁目の交差点を左折し少し歩いたところにお店はあります。
この日も、基本的には前回と同様にお任せで。
ただ、後輩を連れて行くということだけお伝えしてのコースをお願いしました。
DSCF0760
とりあえず、まずはビールで乾杯。
白木のカウンターに、金色のラベルが映えますね。
DSCF0761
はじめは前回と同様に、富山のホタルイカをいただきます。
濃厚な味わいがたまらない…
DSCF0763
前回はビールだけでしたが、今回は少し日本酒をいただきながら…ということで。
1合単位が基本ですが、いろいろと融通が利きます。
この日は、料理にあわせた日本酒を少しずついただくことにしました。
DSCF0762
まずはお刺身。
くえとイワシとシマアジをいただきます。
イワシは直前に手開きしたものをいただきました。
淡泊な「くえ」、しっかりした歯ごたえのシマアジ、そして脂のしっかりのったイワシ。
こんなに臭みのないイワシを食べたのは初めてだったので、インパクト抜群でした。
うまい!
DSCF0764
続いては牡蠣の昆布締めを炙ったもの。
これ、今回もやっぱりお替りがしたかった…
DSCF0765
前回とは違うものがないとだめですよね…ということで、カツオの塩たたきをいただきました。
ネギと生姜を合わせた薬味でいただきます。
厚切りの鰹は適度な弾力がおいしい。
いいね!
DSCF0766
続いては、文化干しした鯖を焼いて出してもらいました。
適度に脂ののった鯖を、少し荒い大根おろしでいただきます。
併せていただく少し甘みのある生姜もおいしいんですよ!
DSCF0767
この辺りで日本酒は、個人的に大好きな三重のタカハシ酒造の天遊琳の特別純米酒を。
これ、次行った時もまた出してほしい…
DSCF0768
後輩と少し積もる話も…ということで、酒の肴に…と出してもらった通称:バクダン。
イクラが入ったかなり贅沢なやつです。
せっかく話をしようと思ったのに、このおいしさに二人して黙々と食べてしまうという…
DSCF0769
そして、濃厚なあん肝を塩でいただきます。
ホロリとするあん肝ではなく、ねっとりとしたあん肝。
濃厚なこのあん肝を食べるのであれば、塩で食べるのがおすすめです!
DSCF0771
少し揚げ物をということで、白身魚のすり身と山菜の天婦羅をいただきました。
地元の富山でもすり身をお吸い物に入れていただいていた習慣があったんですが、それとは上品さが違いましたよ…
DSCF0772
梅の茶碗蒸しをいただいて、さぁ、お寿司をいただきましょう。
DSCF0773
DSCF0774
DSCF0776
DSCF0777
DSCF0778
スミイカ、コハダ、生のとり貝、海老に大トロ…
インパクトとしてはやはりとり貝でしょうか?
握ったあとに、身をたたくとぐぐぐっと動くんです。
それだけ新鮮だということなのですが、こういうパフォーマンスも楽しい。
そして、大トロ。
和牛かと思うくらいにさしの入った身は、口に入れたとたんにとろける…という表現がぴったりですね。
うますぎる…
DSCF0779
煮蛤は、少しレアな状態で握ってもらいました。
DSCF0780
そして玉子。
いや、本当にどれもおいしい…
DSCF0781
赤出汁のお味噌汁で〆。
赤出汁のお味噌汁ってすごく落ち着きませんか?

せっかく教えてもらったお店なのでと間を置かずに来てみましたが、やっぱりいいですね。
予約した時から構成を考えてもらい、いろいろと楽しくいただくことができました。
料理だけでなく、空間や流れが素晴らしい。
こういうのは、確かに他では味わえないことかもしれないですね。

たまに行くならこんな店。
いや、何度となく通って、好みなども把握してもらっていろいろと楽しみたいお店。
おすすめです。

 

関連ランキング:寿司 | 外苑前駅表参道駅乃木坂駅



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

外苑前近くにある「すし 陸」に行ってきました。 おいしいだけでなく、「食」を楽しませてくれるってこういうことなんだろうなと思いました。 ... 続きを読む
年度末のこのシーズン、お世話になった方々との送別会。
いつもはビールばかりですが、ちょっとお寿司を…ということで行ってきました。
DSCF0099
DSCF0100
お店の名前は、すし 陸。
外苑前から南青山3丁目の交差点を左折し少し歩いたところにお店はあります。
DSCF0105
とりあえず、まずは生ビールで乾杯です。
樽生ビールはサントリーのマスターズドリームでした。
ここ最近、和食のお店の樽生ビールがマスターズドリームな気がします。
がつがつ食べるわけでもないこういうお店には、ゆっくりと味わうビールが相性がいいのかもしれません。

この日は、お任せでいただきました。
DSCF0108
まずは、おなかも空いているでしょうということで、おなかに溜まる鯖の棒寿司から。
DSCF0109
続いては蒸したホタルイカ。
自分の田舎である富山県産ということで、ちょっとうれしい。
DSCF0110
真鯛とシマアジをお刺身で。
歯ごたえがいいですね。
薬味のミョウガがとてもおいしいと感じました。
DSCF0111
ビールは瓶ビールもあって、そちらはヱビスビールでした。
お寿司屋さんで瓶ビールといったら、やっぱりヱビスビールがいいと思うのです。
このラベルが美しい。
DSCF0118
併せるは昆布締めにした焼き牡蠣。
これ、お代わりしたかった…
DSCF0120
続いては、毛蟹の身と雲丹との和えもの。
醤油とお酢のどちらかでいただきます。
個人的にはお酢でいただくほうが好みでした。 
DSCF0122
こちらの西京焼き、おいしいのは当然ですが、粗く刻んだ大根と生姜もたまらない…
DSCF0123
そして、あん肝。
塩でいただくとろけるあん肝。
とろけるあん肝って初めて。
これももう一度食べたいとおもいました。
おいしい!
DSCF0125
続いては、筍と白魚の天婦羅。
筍はトウモロコシのような甘味があっておいしかった!
DSCF0126
お酢寿司に入る前に一度、梅の茶碗蒸しをいただいて整えます。
だしの効いたシンプルな茶碗蒸し。
おいしい…というか、おいしいとしか言えない。

ここからはお寿司をいただきます。
DSCF0128
ほのかに香る桜の香りがとてもいい、かすご鯛。
DSCF0129
湯引きすることなくそのままいただくとり貝。
握られてなお、たたいたりして刺激を与えると動く新鮮な貝でした。
DSCF0131
このトロがとてもおいしかった…
お替りが頼みたかった…
DSCF0133
車海老もまたすごい…
トロもそうですが、おいしいだけでなく見た目にも美しいんです。
DSCF0134
DSCF0141
堪能しすぎました…
DSCF0139
もう少し…ということで、煮蛤を。
しっかりと火を通すのではなく、少し熱を加えたくらいでいただきました。
身が硬くならず、柚子の香りも爽やかでおいしい。
DSCF0140
DSCF0144
お味噌汁と一緒に巻物をいただいておしまいです。

久しぶりに外でお寿司をいただきましたが、料理の流れといい、お店の方のコミュニケーションといいとても気持ちのいいものでした。

カウンター7席程度と半個室の席が6席程度のこじんまりとしたお店です。
この日はカウンターでしたが、お寿司を外で食べるのであれば、カウンターでゆっくりと話をしながらいただくのがいいなと再確認。
DSCF0147
この日はビールばかり飲んでしまいましたが、日本酒も店主の好みで種類豊富に取り揃えているようで、本当は日本酒中心にお願いしたほうがいいのではないかと思います。
DSCF0115
(家が遠くなければ、日本酒を中心にもっといただきたかった…)

特別な人を送るときなど、この日と決めたときに行くのであればかなりお勧め。
値段的にも、銀座でいただくよりもかなりリーズナブルではないかと。

いや、ほんと満足度が高いお店。
おすすめです。

 

関連ランキング:寿司 | 外苑前駅表参道駅乃木坂駅



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

山梨というか河口湖の近くにある「ほうとう」と炉端焼きのお店に行ってきました。 お店の名前は山麓園。 道沿いに突如現れる古民家がこのお店。 飛騨の古豪の邸宅を、先代が移築してきたという築150年の古民家なのだそうです。 メニューは基本、コースになっているよ ... 続きを読む
山梨というか河口湖の近くにある「ほうとう」と炉端焼きのお店に行ってきました。

dscf1924

dscf1923

お店の名前は山麓園。
道沿いに突如現れる古民家がこのお店。
飛騨の古豪の邸宅を、先代が移築してきたという築150年の古民家なのだそうです。

dscf1900

メニューは基本、コースになっているようです。
2000円の飛騨から4000円の富士まで500円刻みで5つのコースがあります。
追加オーダーもできるようですし、お酒もビールや地酒なども揃っています。

今回は2000円の飛騨のコースをお願いしました。

dscf1906

まず2人前の炉端焼きの具材が出されます。

dscf1907

これを自分たちで、炉端で焼きながらいただきます。

dscf1915

虹鱒の塩焼きはそのままいただきますが、それ以外は基本、味がついていないので、焼きながら醤油ベースのたれをつけて味をしみこませていただきます。
醤油ベースのたれをしみこませながら、ゆっくりと焼き上げていただきます。
一番好きだったのが、厚揚げだったのは、自分でも庶民的でいいなと思いましたが、炉端で焼きながら食べるという雰囲気もおいしさをアップさせていたように思います。

dscf1917

そしてそのあとに、しっかりとしたボリュームのほうとう鍋をいただきます。

dscf1918

dscf1921

名古屋の赤味噌と少し似ている濃い目の味噌味のほうとう。
しっかり味がしみ込んでいておいしい。
量がありそうでしたが、意外にすっと入ってしまいました。

dscf1920

味噌味が強いので、食べ終わった後は漬物とお茶をいただいてすっきりさせておしまい。
なかなか満足度が高いです。

dscf1916

dscf1922

店内はとても広々としています。
古民家だからなのか、風のとおりもとてもよく、涼しい中で煙たくなることもなくおいしく炉端焼き、ほうとう鍋がいただけます。

ほうとう鍋って、単品で食べても1000円を超えるお店が多いので、こちらのお店で炉端焼きもついての値段が2000円からってのはかなり楽しめるのではないかと思います。

この雰囲気が満足度を高めているような気がする。

ここ、かなりお勧めです。




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

町田にある日本酒と魚料理のお店に行ってきました。 お店の名前は「ゆるり。 酒槽」。 酒槽と書いて「さかふね」と読みます。 場所は、JR町田駅北口を出て、109の次、原町田中央通りの交差点を右折。 富沢商店があるT字路を左に入ったところにあります。 目印もあるので ... 続きを読む
町田にある日本酒と魚料理のお店に行ってきました。

DSCF1121

DSCF1122

お店の名前は「ゆるり。 酒槽」。
酒槽と書いて「さかふね」と読みます。
場所は、JR町田駅北口を出て、109の次、原町田中央通りの交差点を右折。
富沢商店があるT字路を左に入ったところにあります。
目印もあるのでわかりやすいですね。

DSCF1123

DSCF1124

とりあえずビール。
生ビールはスーパードライでした。
すっきりしていて、口当たりもとても軽い飲み口。
日本酒と魚料理を扱うお店で、しっかりと管理されたビールが飲めるってのはうれしい。

DSCF1125

DSCF1126

お通しは4種類のお刺身と煮凝りでした。
それぞれを醤油でいただくのもいいんですが、お店の方がおすすめする塩やわさび、味噌でいただきます。
鮮度のいいお刺身が、お通しでいただけるのがうれしいですね。

DSCF1128

レギュラーメニューもありますが、その日のおすすめのメニューが別にあるので、そちらから選ぶのがおすすめです。

DSCF1134

まずお願いしたのは、アボカドの海老包み揚げ。
海老の殻で出汁をとった海老塩でいただきます。
クリーミーなアボカドとプリッとした海老の食感が楽しい。
海老塩はちょっとつけただけでも、しっかり風味が出ておいしい。

DSCF1130

DSCF1133

魚料理を食べるのであれば日本酒を…ということで、八海山の特別純米原酒を、氷結酒としていただきました。
マイナス15度でグラスごと冷やしたこちらのお酒、グラスに注いだそばからグラスの中でシャーベット状になります。
シャーベット状の日本酒はすっきりしていて、すいすいと飲めてしまうのがだいぶ危険です。
本当はビールではなく、まずはこちらで始めるのがおすすめなんだと思います。
まぁ、僕はビール飲みますけどね。

DSCF1139

日本酒は、メニューに出ているだけでも20種類以上は揃っています。
比較的リーズナブルな金額の日本酒から、十四代や醸し人九平次の純米大吟醸などのなかなかお目にかかれないような日本酒も扱っています。

DSCF1140

DSCF1145

日本酒は90mLと140mLでメニューには書かれていますが、1合(180mL)でもお願いすることができます。
日本酒を注ぐおちょこもいろいろな種類のものがあって、見た目にも楽しいのがいいですね。

DSCF1136

そんな日本酒に合わせる料理は、もちろん魚料理。
店内には生け簀があって、そこで泳いでいる魚を注文してから目の前でさばいてくれます。
この日の魚は、伊先でした。
そのままお刺身にしただけでなく、一部、炙りにしていただきます。
炙ることで香ばしさと甘みを感じられておいしかった。

DSCF1141

そして季節の岩牡蠣もお願いしました。
岩牡蠣らしく、大ぶりの身でさっぱりとした味わい。
これ、日本酒が進む…

DSCF1143

煮魚もということで、石鯛のかぶと煮をいただきました。
コラーゲンたっぷりで、これもおいしかった。

DSCF1144

日本酒のアテとして、おすすめなのがチーズの味噌漬け。
味噌に漬け込んだチーズを少し炙ってあります。
これはお代わりしたかった。

DSCF1147

お造りをお願いすると、〆に粗汁を出してくれます。
伊先のいい出汁が出ていておいしい。
〆にぴったりです。

DSCF1149

せっかくなので鮭茶漬けと一緒にいただきました。
こちらのお茶漬け、イクラがのっています。
高級感漂いますね。

DSCF1148

デザートとしてプリンまでしっかりいただきました。
弾力があって満足感が高いと思います。

10年ぶりくらいに町田に来たんですけど、まさか豊富な日本酒で新鮮な魚料理をいただけるとは思っていませんでした。
町田で日本酒と魚料理を食べるのであれば、ここはかなりお勧めだと思います。




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

小田急相模原に、おいしい魚料理を食べさせてくれるお店があるので行ってきました。 地酒・海鮮 旬薫 三うら。 小田急相模原駅北口からでて、51号線沿いにあります。 サウザンロードに入らず相武台前方面に歩き、右手のビルの2階。 すぐに見つかると思います。 生 ... 続きを読む
小田急相模原に、おいしい魚料理を食べさせてくれるお店があるので行ってきました。

DSCF9287

DSCF9288

DSCF9289

地酒・海鮮 旬薫 三うら。
小田急相模原駅北口からでて、51号線沿いにあります。
サウザンロードに入らず相武台前方面に歩き、右手のビルの2階。
すぐに見つかると思います。

DSCF9290

生ビールはプレミアムモルツ。
スーパードライじゃないのがうれしい。

DSCF9291

お通しからおいしいのがうれしい。
枝豆にえんどう豆を使った豆腐、そして数の子の粕漬け。
これだけで日本酒が進む…

DSCF9292

DSCF9293

DSCF9296

料理はいくつかいただきました。
この日は、鎌倉野菜のサラダ、お刺身2人前、そして鮭はらす。

DSCF9294

DSCF9295

そしてしっかりと日本酒を。
甘みのある日本酒だったので、本当ならもう少し切れのあるすっきりとした日本酒のほうが料理には合わせやすかったのかもしれませんが、これもまたおいしい。

この辺りで、魚料理を食べながら日本酒を飲むのであれば、ここはかなりお勧めです。




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

満足感の高い宿でした。 ... 続きを読む
DSC09138

DSC09131

DSC09132

DSC09133

DSC09134

DSC09135

DSC09137

DSC09140

DSC09136

DSC09139

DSC09141

DSC09142

DSC09143

満足感の高い宿でした。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote