カテゴリ:場所 > 北海道

北海道の旅、車を走らせるとそれなりにいろいろなところに行けるんだなという気がしました。 でも、さすがに帯広には行けなかったのですが、そこは最後の新千歳空港でしっかりと堪能できる場所を見つけたのでそこに行ってきました。 ドライブインいとう。 帯広の豚丼とい ... 続きを読む
北海道の旅、車を走らせるとそれなりにいろいろなところに行けるんだなという気がしました。
でも、さすがに帯広には行けなかったのですが、そこは最後の新千歳空港でしっかりと堪能できる場所を見つけたのでそこに行ってきました。

新千歳空港 ドライブインいとうで帯広で豚丼を食べた気になってきた! (3)

ドライブインいとう。
帯広の豚丼といえば、ここが有名みたいです…たぶん。

なのでしっかり堪能しましょう。

新千歳空港 ドライブインいとうで帯広で豚丼を食べた気になってきた! (4)

menuはいろいろありますが、初めですからね。
スタンダードな豚丼でお願いします。

新千歳空港 ドライブインいとうで帯広で豚丼を食べた気になってきた! (5)

ちなみに当然のことながら、ビールも飲めます。
生ビールがサッポロクラシックっていうのは本当にうれしい。
これ、ここだからですよね。
帯広では運転しないといけないから飲めませんし…w

新千歳空港 ドライブインいとうで帯広で豚丼を食べた気になってきた! (6)

まずは豚丼。

新千歳空港 ドライブインいとうで帯広で豚丼を食べた気になってきた! (2)

フォトジェニック!!!


新千歳空港 ドライブインいとうで帯広で豚丼を食べた気になってきた! (7)

そしてサッポロクラシック!
クリーミーな泡とすっきりした味わい。
いいですなぁ…

新千歳空港 ドライブインいとうで帯広で豚丼を食べた気になってきた! (1)

さて、しっかりいただきます。
お肉は多すぎず少なすぎずでちょうどいいと思いました。
たれをつけたあと、表面を少しバーナーで炙っているせいか、非常に香ばしいです。
肉質もやわらかくて本当にジューシー。
これはどんどん食べられる…

あっという間に平らげてしまいました。


ここ、ふつうにおいしい。
いや、帯広に行って食べられればそれに越したことがないですけど、なかなか帯広に行くってのも難しかったりします。
そういう時にはここで食べるのがいいですねぇ。

北海道、なんとなく海鮮のイメージですが、豚丼も捨ててはおけない…

北海道の旅を締めくくるにはちょうどいいお店だと思います。


満足。




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

なんとなく苫小牧に行って名物のホッキ丼を食べてきました。 そう、苫小牧市のHPにも載っていますが、苫小牧では北寄貝を苫小牧市の貝として認定しているんですね。 そんな北寄貝を使ったどんぶりを食べに行ってきましたよ。 で、調べて向ったのが、苫小牧港の近くにあ ... 続きを読む
なんとなく苫小牧に行って名物のホッキ丼を食べてきました。
そう、苫小牧市のHPにも載っていますが、苫小牧では北寄貝を苫小牧市の貝として認定しているんですね。
そんな北寄貝を使ったどんぶりを食べに行ってきましたよ。

苫小牧 ふじ十食堂でホッキ丼を食べてきたよ! (4)

苫小牧 ふじ十食堂でホッキ丼を食べてきたよ! (5)

で、調べて向ったのが、苫小牧港の近くにあるぷらっとみなと市場にあるお店。

苫小牧 ふじ十食堂でホッキ丼を食べてきたよ! (6)

苫小牧 ふじ十食堂でホッキ丼を食べてきたよ! (7)

苫小牧 ふじ十食堂でホッキ丼を食べてきたよ! (8)

そう、ホッキ丼で検索するとしっかり出てくるふじ十食堂です。

注文はもちろん、ホッキ丼ですが、ほかにも北寄貝を使った料理はそれなりにあります。
なので、この日はせっかくなので北寄貝のバター焼きもお願いしました。

苫小牧 ふじ十食堂でホッキ丼を食べてきたよ! (9)

まずはホッキ丼。

苫小牧 ふじ十食堂でホッキ丼を食べてきたよ! (1)

けっこう肉厚なイメージがあったので、コリコリとした食感なのかなと勝手に思っていたんですけど、すごく柔らかくて甘みがあっておいしい。
ご飯がかなり山盛りですけど、どんどん食べられます。

苫小牧 ふじ十食堂でホッキ丼を食べてきたよ! (2)

併せて頼んだ北寄貝のバター焼きも別を加えても硬くならないんですね。
貝殻に乗って出てくるんですけど、最後にそのスープもしっかりいただきます。
これもかなりおいしい…

ホッキ丼は少しご飯の割合が多いかなぁ…なんて思いましたけど、それでもちょうどよく食べることができました。
まぁ、そのバランスは港の人が朝ご飯で食べるのかもしれないし、ご飯は確かに大目になるよなぁ。。。なんて思いながら。

北寄貝がこんなにもおいしかったなんて…
それがわかっただけでもかなり有意義でした。


満足。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

美瑛の観光地の一つ、青い池というところに行った帰り、ハンバーガーを食べられるということで行ってきました。 ピクニック。 ここに来たいと思わないと絶対にこれない場所にあります。 小道を入るし、一見、普通の一軒家風だし。 でも、庭みたいなところにテーブ ... 続きを読む
美瑛の観光地の一つ、青い池というところに行った帰り、ハンバーガーを食べられるということで行ってきました。

美瑛 cafe picnicでハンバーガーを食べてきたよ! (4)

美瑛 cafe picnicでハンバーガーを食べてきたよ! (6)

美瑛 cafe picnicでハンバーガーを食べてきたよ! (7)

美瑛 cafe picnicでハンバーガーを食べてきたよ! (8)


ピクニック。
ここに来たいと思わないと絶対にこれない場所にあります。
小道を入るし、一見、普通の一軒家風だし。
でも、庭みたいなところにテーブルはあるし、ハンモックがあったりするので、ここかなと。

美瑛 cafe picnicでハンバーガーを食べてきたよ! (12)

美瑛 cafe picnicでハンバーガーを食べてきたよ! (11)

美瑛 cafe picnicでハンバーガーを食べてきたよ! (3)

お店はゆったりとした空気が流れています。
注文してから少し時間がかかりますが、それもまたいい時間。
ハンバーガーが出来上がるのをのんびりと待ちます。

美瑛 cafe picnicでハンバーガーを食べてきたよ! (9)

そうそう、お店には色鉛筆とノートがあるので、そこに落書きをしながら待つのもいいかもしれません。
ページをめくるといろいろな人の、なんとなく書いたであろう落書きが楽しい…

ちなみに、今回お願いしたのは、チーズバーガーと本日のスープ。
この日のスープは2種類あったのでトマトの冷製スープにしました。

美瑛 cafe picnicでハンバーガーを食べてきたよ! (13)


まずはトマトの冷製スープ。
果肉感たっぷりなトマトスープ。
真ん中にヘタが載せてあると思ったら、プチトマトが湯むきされてちょこんと載っていました。
それも楽しい。

美瑛 cafe picnicでハンバーガーを食べてきたよ! (1)


そしてハンバーガー。
付け合わせはトマトサラダ。
このトマトサラダもおいしかった!
しっかり湯むきされて優しい味わいのドレッシングがちょうどいい感じ。
これだけでも食べたいと思う味です。

美瑛 cafe picnicでハンバーガーを食べてきたよ! (2)

ハンバーガーはバンズはもちもち。
さっくり柔らかく、とてもいい食感です。
パティはハーブが練りこまれているので、優しくスパイシー。
チーズもまたちょうどよくておいしい。

がっつり系のハンバーガーではなく、優しい味わいのハンバーガー。
食べた後、疲れないのがいいなぁ。

北海道は美瑛にあるカフェらしいゆったりとした時間が流れるカフェで食べる、らしいハンバーガーでした。
疲れていても食べられる味わいは貴重だなぁ。
こういう味わいを東京でも食べてみたいけど、時間の流れ方が違うから難しいだろうなと。。。

やはり旅の途中で味わうハンバーガーだと思います。


おすすめ!


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

北海道の旅は札幌から旭川に向かい、そのあとは富良野と続きます。 その富良野では、名物オムカレーというのを食べてきました。 山香食堂。 なんとなく、地元の方が来るお店です。 menuはオムカレーだけではなく、定食などもあります。 そう、しっかり地元密着。 そりゃ ... 続きを読む
北海道の旅は札幌から旭川に向かい、そのあとは富良野と続きます。
その富良野では、名物オムカレーというのを食べてきました。

富良野 山香食堂で富良野名物のオムカレーを食べてきた! (4)

山香食堂
なんとなく、地元の方が来るお店です。

menuはオムカレーだけではなく、定食などもあります。
そう、しっかり地元密着。
そりゃあ、そうか。

富良野 山香食堂で富良野名物のオムカレーを食べてきた! (5)

とりあえず、いろいろとバリエーションはあるようですが、オムカレーをいただきます。
ちなみに富良野のオムカレー、その名前を名乗るには条件があるようです。

富良野 山香食堂で富良野名物のオムカレーを食べてきた! (6)

「富良野オムカレー」の定義
富良野オムカレーは、国民食のカレーとオムライスを組み合わせ、地元食材と提供スタイルにこだわった新カテゴリーのご当地カレー
「富良野オムカレー」のルール6か条
第1条 お米は富良野産を使い、ライスに工夫を凝らす
第2条 卵は原則 富良野産を使い、オムカレーの中央に旗をたてる
第3条 富良野産の「チーズ(バター)」もしくは「ワイン」を使用する
第4条 野菜や肉、福神漬(ピクルス)なども富良野産にこだわる
第5条 富良野産の食材にこだわった一品メニューと「ふらの牛乳」をつける
第6条 料金は税込み1000円以内で提供する
  ※季節等により他産地の食材になる場合あり
  ※「ふらの牛乳」が不足の際には富良野産「にんじんジュース」をつける

まさか値段にも基準があるのが面白いですよね。

そんなオムカレーはこちら。

富良野 山香食堂で富良野名物のオムカレーを食べてきた! (1)

ちゃんと目印の旗もたってます。

富良野 山香食堂で富良野名物のオムカレーを食べてきた! (2)

もちろん、ふらの牛乳も!

富良野 山香食堂で富良野名物のオムカレーを食べてきた! (3)

ふわふわな玉子としっかり煮込まれたカレールー。
カレールーはかなり長時間煮込んでいるんではないでしょうか?
そういうところも、地元密着な感じがします。

カニクリームコロッケ、サラダもついていてそれもまたうれしい。
大人のお子様ランチ的な感じですw

この日は結構な繁盛っぷり。
地元の人が半分、そしてなぜか中国の人が半分という感じで、ここは異国の食堂か?という感じ。
富良野ってやっぱり海外からくる人にとっても魅力的な街なんだろうなぁ…

そんなことを考えながらいただきましたよっと。

満足。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

北海道の朝…というか札幌の朝はここに来なくてはいけない… ということで、場外市場に来てみました。 目的は海鮮丼を食べること…ということできたお店はこちら。 魚屋の台所。 場外市場の2階にあります。 しかも案内のある階段を上っても2階を歩かないといけないので少 ... 続きを読む
北海道の朝…というか札幌の朝はここに来なくてはいけない…
ということで、場外市場に来てみました。
目的は海鮮丼を食べること…ということできたお店はこちら。

札幌 魚屋の台所でウニいくら丼を食す!!! (2)

魚屋の台所。
場外市場の2階にあります。
しかも案内のある階段を上っても2階を歩かないといけないので少し不安になります。

札幌 魚屋の台所でウニいくら丼を食す!!! (3)

で、僕がここに来たのは朝の7時くらい。
市場は6時からやっているとはいえ、7時ってなかなか観光客もいない状況なので、かなり閑散とした感じ…
なので、かなり入るのに勇気がいりましたw

札幌 魚屋の台所でウニいくら丼を食す!!! (4)


入るとお店の中はがらんとしていてお客は僕らだけ…
ま、でも、口コミを確認しても「不安だったけどとてもよかった…」的なものが多かったので、メニューを確認します。

札幌 魚屋の台所でウニいくら丼を食す!!! (5)


ここに来たらやっぱり海鮮丼も捨てがたいですが、ウニいくら丼をいただきます。
時期として、ウニが採れるぎりぎりということ、最近、馬糞うにが高騰しているとのことで、この日は馬糞うにといくらだと4000円、ムラサキうにと馬糞うにのハーフ&ハーフが3500円とのことで、ハーフ&ハーフにしてみました。

…みんな、そうするんだってw

札幌 魚屋の台所でウニいくら丼を食す!!! (1)

で、出てきたのはしっかりムラサキうにと馬糞うにがはっきりとわかるウニいくら丼。
嬉しいのはうにもいくらも、敷き詰めただけじゃなくてしっかり盛ってあるところw
いや、ほんと、敷き詰めただけでご飯が見えるところとか普通にあるしね。
そういうのじゃないのはすごくうれしい。
ちなみに、ムラサキうにと馬糞うに。
しっかり味わいの違いは認識できました!
やっぱり濃さが全然違うのよね。
味わいの違いを知っている人は馬糞うにだけのほうがいいと思うけど、食べ比べるなんてなかなかないので、そういう人は食べ比べをお願いしたほうがいいと思いました。

お店の方も実はすごくフレンドリー。
いや、初めは少し怖そうだったんですけどねw


いや、ここはお勧めだと思います。

ウニいくら丼の相場ってものがあまりわかってないけどさ。

おすすめ!


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

北海道のビールなお店といわれたら、やっぱりこのお店だと思うのです。 ヒグラシ。 繁華街すすきのの真ん中ちょいはじにあるお店です。 っていうか、社交会館なんてビルの3階にあったら知っている人じゃないと来れないと思う… 金鬼のリアルペールエール。 そして ... 続きを読む
北海道のビールなお店といわれたら、やっぱりこのお店だと思うのです。

すすきの HIGURASHIに行ってきた! (2)

すすきの HIGURASHIに行ってきた! (3)

ヒグラシ。
繁華街すすきのの真ん中ちょいはじにあるお店です。
っていうか、社交会館なんてビルの3階にあったら知っている人じゃないと来れないと思う…

すすきの HIGURASHIに行ってきた! (4)

すすきの HIGURASHIに行ってきた! (5)


金鬼のリアルペールエール。
そして、カリフォルニアのOneida(オネイダ)というペールエール。
こちらのお店は本当に素敵なビールを置いているんですよね。
どちらも東京でもなかなか飲めないビールだと思います…
(最近、あまりお店でビールが飲めていないので、もしかしたら飲めるのかもしれないけどw)

すすきの HIGURASHIに行ってきた! (10)

こちらのお店はクラフトビールをメインとしてやっているんだと思います。
なので、料理としては乾き物が中心だった…と思いましたが、今はFish & Chipsなんかを魚のレパートリーがあったりして工夫されているようでした。
1軒目でここだったら頼みたかった…

すすきの HIGURASHIに行ってきた! (6)

すすきの HIGURASHIに行ってきた! (7)

結局、お通しとミックスナッツではなくマカダミアナッツをお願いしてしまいました。
このマカダミアナッツ、専用の殻割り器で割って食べます。
これがまたとてもおいしい。
いいんだよねぇ…

すすきの HIGURASHIに行ってきた! (9)

カウンターとテーブル席と…
ほんとうはカウンターでお店の人と話しながら飲みたいんですけどね。

すすきの HIGURASHIに行ってきた! (1)

志賀高原のHouse IPAも繋がっていたので、これも頼んでこの日はおしまいです。

すすきの HIGURASHIに行ってきた! (8)

北海道のクラフトビールの老舗。
麦酒亭もありますけど、なんだかんだこちらのほうを僕はまず考えてしまう。
面白いよなぁ…


あ、たしか、全国ではやっているビールカレー。
確かここが一番初めだったような気がします。

違ったかな?

今回はそれも頼めなかったので、次回、頼まねば。
来年、また来ると思うからね。

満足。




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote