カテゴリ:場所 > 六本木・麻布

格之進の新たな展開、KABCO. KABCOとは、Kanzaki:Aging:Beef:Crossing:Oceanの頭文字。 楽しみ。 ... 続きを読む
門崎熟成肉の格之進の新ブランド「KABCO」がオープンするということで、そのレセプションにご招待いただきまして行ってきました。
DSCF2719
場所は六本木一丁目。
六本木グランドプラザの3階にあります。
六本木一丁目駅の1番出口から直結のようなのですが、これ、別の出口から向かうとなると、あまりこの辺りに詳しくない自分にはかなりハードルが高かった(笑)
DSCF2720
まずは泡で乾杯です。
基本、泡といえばビールなんですけど、こういうお店ではやっぱり…(笑)
ゆっくりと料理を待ちます。
DSCF2721
はじめの料理は、
雲丹×ラディッシュ×ちびたけ。
雲丹は濃厚なんですが、レモンでさっぱりとさせているのが面白い。
そして、料理もですが、その器にも驚きます。
DSCF2727
ここでビール。
生ビールはキリンの一番搾りプレミアムでした。
濃い味わいをしっかりと味わうことができます。
DSCF2729
そして、格之進といえば牡蠣肉。
店内にある窯で殻ごと蒸し焼きにした牡蠣を熟成肉で巻いただけ。
味付けは牡蠣の塩気のみ。
でも、これがおいしい。
2個、3個と食べたくなります(笑)
DSCF2731
続いては、海×山というテーマの一品。
火を通した野菜を、ホタテひもとあさりでとったソースと合わせることで、海と山を表現した一品。
ソースと合わせるまでもなく野菜だけもおいしい。
いや、それではこちらの料理のテーマにはそぐわないんですけど…
DSCF2734
皆さまがワインに進む中、ビールを追加で注文。
基本的に
炭酸を控えめにしているようで、だからしっかりと麦の味わいを感じられてうれしい。
DSCF2739
続いては
海藻と熟成肉の組み合わせの一品。
熟成肉はトウガラシという部分を使っているそうです。
脂身ではなく赤身のお肉としての味わいと、海ブドウや海苔の塩気のバランスが楽しい。 
DSCF2740
このあたりでさすがにビールだけではまずい…と思って赤ワインを。
銘柄を聴きそびれましたが、これは飲みやすかった…
DSCF2743
〆はお茶漬け…いや、お茶漬けなんて言っちゃいけないですね。
海苔の佃煮、アワビ茸、牛骨で取ったブイヨンでご飯をいただきます。
易しい味わい。
これ、お代わりしたかった…
DSCF2744
デザートにいちぢくとローズマリーをしっかり効かせたシャーベットを。
いちぢくは、そのままでいただくのと、
赤ワインで軽く煮込んで牛肉を巻き、さらに窯であぶったもの。
手が込んでいますが、それよりもなによりもローズマリーを効かせたシャーベットがかなりのインパクト!
ローズマリーにやられた…
DSCF2746
〆のカプチーノでさっぱりと。

いや、面白いコース料理でした。
素敵な料理を少しづついただく。
特に僕らくらいの年齢だと、そんなに量は求めていないので、満足感は高いと思います。 

また行かねば…

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

六本木から渋谷って歩くと30分くらいなんですよ。 そのちょうど中間点くらいが西麻布交差点だと思うのですが、そこに立ち飲みのお店があるのです。 壌。 18時から翌朝6時までやってます。 キャッシュオンスタイルで立ち飲みです。 ビールは生ビールはサッポロでし ... 続きを読む
六本木から渋谷って歩くと30分くらいなんですよ。
そのちょうど中間点くらいが西麻布交差点だと思うのですが、そこに立ち飲みのお店があるのです。

DSC01562

DSC01546

壌。
18時から翌朝6時までやってます。

DSC01548

キャッシュオンスタイルで立ち飲みです。

DSC01547

ビールは生ビールはサッポロでした。

DSC01549

合わせて琥珀ヱビスも飲めるのがうれしい。

DSC01551

おつまみは300円くらいからあります。
ビールだったのでブルーチーズをいただきました。
はちみつのような甘いたれに付けていただきました。

DSC01554

DSC01556

せっかくなので日本酒やワインもお願いしてみました。
日本酒は500円から、ワインも700円からとリーズナブルです。
ちゃんぽんになっちゃうのが危険ですが…

DSC01557

日本酒にあるおつまみということで、ホタルイカの沖漬けをいただきます。
このサイズ、ゆっくり飲むにはちょうどいい感じです。

DSC01558

季節的にもぴったりだと思って桜のアイスを。
100円だし、ほんのり春を感じられました。

DSC01550

立ち飲みだからこそだと思いますが、西麻布でこの値段ってのがアンバランスな感じで面白いと思います。
以前はクラフトビールも扱ってたような…と思いましたが、それはさておき、ふらりと立ち寄るのにはちょうどいいと思います。

近くに来たら、ゼロ次会としてとか、最後に1杯をここで…とかそういうのいかがでしょう?

醸し人九平次 純米大吟醸 山田錦 720ml...

醸し人九平次 純米大吟醸 山田錦 720ml...
価格:2,808円(税込、送料別)






style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-6849153355049672"
data-ad-slot="2789373941">



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

六本木にあるクラフトビールのお店に行ってきました。 アントン ビー。 六本木交差点から外苑東通りを東京タワー方面に少し歩いたところにあります。 地下1階にあるお店なのですが、道を歩いていて気が付きやすい看板もあるので通り過ぎることはないかなと思います。 ... 続きを読む
六本木にあるクラフトビールのお店に行ってきました。

DSC01518

アントン ビー。
六本木交差点から外苑東通りを東京タワー方面に少し歩いたところにあります。
地下1階にあるお店なのですが、道を歩いていて気が付きやすい看板もあるので通り過ぎることはないかなと思います。

DSC01533

クラフトビールは樽生で最大22種類つながっています。
メニューにはビールのスタイルと簡単な解説が書かれているので、あまりクラフトビールを飲んだことがない人でも選びやすいと思います。

DSC01524

ビールのサイズは4サイズ。
基本はレギュラーサイズですね。
Lサイズが通常でいうパイントになると思います。
色々なビールが飲みたいならSサイズですが、値段とのバランスを考えるとレギュラーサイズがおすすめだと思います。

DSC01529

DSC01534

DSC01536

DSC01543

この日は僕の大好きな志賀高原ビールの其の十が繋がっていたので、そのビールをLサイズで、その他をレギュラーサイズでお願いしました。
ボトルでも其の十は美味しいですけど、樽生だと軽やかさが少し上がる気がする…

DSC01539

料理のメニューは写真付きなのでわかりやすいと思います。

DSC01532

燻製たまごのポテサラをまずはいただきました。
ほんのりスモーキー感がいいアクセントです。

DSC01537

ベーコンステーキは、脂の甘さがおいしい。
からしを少し付けていただきます。

DSC01544

じゃがごん!。
マッシュしたジャガイモを揚げたものなんですが、生クリームとゴルゴンゾーラのソースがおいしい。
これ自宅でも作ってみたい…

DSC01520

店内はL字のカウンターが10席程度とテーブル席で20名程度といったところでしょうか?

DSC01541

パーティプランとして、料理が付いたクラフトビールが2時間飲み放題のコースが5000円からあります。
これ、クラフトビールが好きな人にはなかなかリーズナブルなコースではないかと思います。

駅からも近いですし、17時から翌朝6時までやっています。
飲みすぎは注意ですが、終電が終わっても始発までの時間調整にも使えます。

なかなかおすすめです。




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

六本木にあるブリュードッグの直営店、ブリュードッグ 六本木が改装したというので行ってきました。 外観はかわっていませんね。 当然ですけど。 入口左手の立ち飲みスペースを改装して、そこにブリュードッグのボトルやグッズが買えるスペースを作ったことにな ... 続きを読む
六本木にあるブリュードッグの直営店、ブリュードッグ 六本木が改装したというので行ってきました。

DSC01493

外観はかわっていませんね。
当然ですけど。

DSC01503

DSC01504

DSC01505

DSC01506

入口左手の立ち飲みスペースを改装して、そこにブリュードッグのボトルやグッズが買えるスペースを作ったことになるのでしょうか?
グラスや、けっこうレアなビールが購入できるのはうれしい。
アブストラクトシリーズもしっかり揃ってました。
もし、飲み逃している方はこちらで購入してもいいと思います。

DSC01495

この日は、改装したてだったので、ビールがオール500円で飲むことができました。
レギュラービールはLサイズ、限定ビールはSサイズですが、これはうれしい。

DSC01494

ということで、This. is. Lager.からいただきます。
すっきりした味わいは始めの一杯としてちょうどいいですね。

DSC01507

2杯目はやっぱり王道のPUNK IPAを。
This.is.Lager.とどちらを始めに飲むか悩みますね…

DSC01516

こんな日なので、せっかくだからとハイアルコールなビールを。
まずは、One Way Trip Hellのベルジャントリプルを。
華やかな味わいとアルコール度数9.5%を感じさせない飲み口は危険です…

DSC01511

もう一杯はSunturnbrewのバーレーワインを。
とろりとした味わいだけど、意外とさっぱり。
これは樽生だからでしょうか?

DSC01515

立ち飲みスペースがカウンターだけになってしまったのですが、まぁ、でもそれはそれでありだなと。

DSC01497

サーバーを眺めながらビールを飲めるってのはなかなかいいですよね。

DSC01513

あ、ちなみに入口左手にはあらたにスーパーファミコンも導入されていました。
ビール飲みながら対戦ゲームで熱くならないように…
飲みすぎの方、要注意ですよ。

おすすめ。




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

麻布十番にもクラフトビールのお店があるんですよね。 久しぶりに行ってきました。 クラフトハンズ。 麻布十番駅の7番出口から出てすぐのお店です。 クラフトビールは樽生ビールが14種類です。 サイズはレギュラーが270mLで、ラージが480mLです。 その他にもベルギービ ... 続きを読む
麻布十番にもクラフトビールのお店があるんですよね。
久しぶりに行ってきました。

DSC01265

クラフトハンズ。
麻布十番駅の7番出口から出てすぐのお店です。

DSC01266

クラフトビールは樽生ビールが14種類です。
サイズはレギュラーが270mLで、ラージが480mLです。
その他にもベルギービールを中心にボトルビールも多数取り揃えています。

DSC01269

個人的にはレギュラーサイズでいただくのがおすすめだと思います。
この日の一杯目はスカルピンのグレープフルーツIPA。
グレープフルーツの皮の渋みのような苦みがとてもきれいでおいしい。

DSC01270

日替わりのお通し。
この日はラタトィユでした。
いいね。

DSC01272

料理のメニューもしっかり。
すぐ出るリーズナブルなものから、しっかり手の込んだグリル料理まで。
デザートがないのがちょっと悔しい(笑)

DSC01273

まずはニョッキのフリットをいただきました。
ブルーチーズソースとはちみつを付けていただきます。

DSC01276

合わせたのはワイマーケットのデコリアン。
柑橘系の香りを保ちつつ、香ばしい味わい。
さっぱりしていて飲みやすいんです。

DSC01280

グリルでは特製ジャークチキンを。
スパイシーな味わいがさらに食欲をそそります。

DSC01285

そこには大山Gビールの八郷を合わせてみました。
まったりとした味わいで、スパイシーさをうまく中和してくれましたよ。

DSC01287

麻布十番ということで、クラフトビール以外にワインやスパークリングもそろっているのは、人を誘っていこうと思った時にうれしい。
20時まではHappy Hourということで、スパークリングワインが500円でいただけます。

DSC01281

ビールだけだと、誘う人が限定されてしまいますが、ビール以外にワインやスパークリングもそろっているってのは使い勝手が良いと思います。

DSC01268

ちなみに、地下1階には、お店で出すグラスワインの品質管理を行う専用サーバーがあります。
これを見るのに地下で飲むのも面白いと思います。

DSC01286

ま、せっかくなのでワインも一杯。
サイズは50mL、80mL、120mLの3サイズ。
ちょっと飲みたいときにもおすすめです。

DSC01279

カウンターに置かれたクラフトビールのボトルを使ったランプがしゃれていました。

DSC01274

お店は1階にカウンター席とハイテーブル席、地下1階はテーブル席がメインで、ソファ席もあるのが面白い。
近くの人なのか老夫婦がさらりとクラフトビールを飲んで帰っていくとか、見ていてなんとなくうれしくなりますね。

麻布十番という立地に、クラフトビールの樽生ビールを14種類。
グラスワインもしっかりそろえて、使いやすいお店だと思います。
ビールのみに行きたいけど、相手がちょっとってときも使いやすい。
料理も軽めのものからしっかりしたものまでそろっているので、1軒目でも2軒目でも使える感じもありがたいと思います。

なかなかおすすめです。



style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-6849153355049672"
data-ad-slot="2789373941">



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

先日、久しぶりに六本木にあるスコットランドのブルワリー、ブリュードッグの直営店に行ってきました。 BrewDog Roppongi。 六本木交差点から芋洗い坂と外苑東通りのちょうどの道にあります。 外苑東通りからのほうがわかりやすいかもしれませんね。 ブリュードッ ... 続きを読む
先日、久しぶりに六本木にあるスコットランドのブルワリー、ブリュードッグの直営店に行ってきました。

DSC01236

BrewDog Roppongi。
六本木交差点から芋洗い坂と外苑東通りのちょうどの道にあります。
外苑東通りからのほうがわかりやすいかもしれませんね。

DSC01237

DSC01239

DSC01238

ブリュードッグの直営店ですから、ブリュードッグの樽生が14種類。
ゲストビールとして6種類。
合わせて20種類のクラフトビールの樽生が楽しめます。
そのほか、レアなボトルビールも扱っているので、こちらを狙ってというのでもいいのかもしれません。

DSC01252

初めてのときには、飲み比べセットであるビアフライトがおすすめです。
ブリュードッグの樽生であれば2200円、ゲストビールであれば2400円で、好きな4種類のビールを飲み比べることができます。

DSC01240

アルコール度数の高いビールはその対象外になっていたりしますが、レギュラービールはほぼ対象範囲になっています。

DSC01245

1杯が約190mLと量もしっかりなので、いろいろな種類のビールを楽しみたいというときにはおすすめだと思います。

DSC01246

おつまみも少々。
ホップが香るフライドポテトをいただきました。
フライドポテト自体からホップの香りが漂うわけではなく、ホップと塩を和えたホップ塩を付けていただきます。
苦みのある塩味とフライドポテト、いい組み合わせです。
もう一つはニンニクマヨネーズとでもいうのでしょうか?
そのまま食べることを合わせると3種類の味わいを楽しめる一品。
これはとりあえず頼んでおくといいと思います。

DSC01254

ビアフライトに続いてはブリュードッグの定番ビール、PUNK IPAをいただきます。
ボトルでいただくよりも軽やかな味わい。
すっきりと飲めるので、これはレギュラーでというよりもUKパイントで注文して、ごくごく飲んでもいいかもしれませんね。

DSC01253

もう少し料理を…ということで、お店の方の一押しメニューをお願いしました。

DSC01256

スコティッシュ ハギス タワー。
羊肉を使ったスコットランドの伝統料理のようです。
タワーって書いてあったのですが、どちらかというとタワーの土台というイメージ。
羊肉の癖のある味わいとマッシュポテト、そしてカレーのルーのようなスパイシーなソースを合わせていただきます。
しっかり味わいの強い料理なので、アルコール度数の高めのビールや、モルティなビールと合わせるのがおすすめだと思います。

DSC01255

ということで、〆のビールに5 AM Saintをいただきました。
これでもスコティッシュ ハギス タワーに合わせるには軽めだったかもしれません。
ハードコアインペリアルIPAやジャック ハマーIPAなどのビールと合わせたほうがよりおいしさを楽しめると思いました。

DSC01249

DSC01250

店内は比較的広くてかなりの人数を収容できるとおもうので、満員で入ることができない…ってのはなかなかないんじゃないでしょうか?

DSC01263

入り口付近は立ち飲みスペースになっています。
ここでサクッと飲んで次に行く、もしくは帰る…なんてのもいいと思います。

DSC01264

駅からも近いので、六本木に行く用事があるときには、帰りにふらりとまた寄りたいと思います。




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote