カテゴリ:静岡県のビール > 伊豆韮山 反射炉ビヤ

今日のビール。 伊豆韮山 反射炉ビア 太郎左衛門。 モルトの甘い香りを感じます。 ホップというよりモルトかな。 口に含むと少し焙煎された甘みを感じるのとともに、控えめな苦みを感じる。 そんな苦みはじわじわと残り後味にかけて、それなりにはっきりと感じるようにな ... 続きを読む
今日のビール。

DSC09696

伊豆韮山 反射炉ビア 太郎左衛門。
モルトの甘い香りを感じます。
ホップというよりモルトかな。
口に含むと少し焙煎された甘みを感じるのとともに、控えめな苦みを感じる。
そんな苦みはじわじわと残り後味にかけて、それなりにはっきりと感じるようになります。
ゆったりと味わえるビールです。

DSC09697

ビアフェスタのHPより解説。
太郎左衛門(イングリッシュペールエール)
世界遺産「韮山反射炉」を建造した江川太郎左衛門をイメージしたビールです。
江川太郎左衛門は反射炉だけでなく、日本で初めてパンを焼いたりなど実は現代日本に多大な影響を与えつつも、その名はあまり広くは知られず、まさに「知る人ぞ知る」方でした。
反射炉ビヤ「太郎左衛門」も、目が覚めるような鮮烈なイメージはないものの、奥深いモルトの味わいとスムースな苦み、香りの余韻が秀逸な「知る人ぞ知る」反射炉ビヤの主砲ビールです。

そう、鮮烈なイメージはないものの…というくだり、まさにこのビールにぴったりだと思います。
正しい味わいのビール。
落ち着いたおいしいビールです。

満足。

志賀高原ビール 其の十 / No. 10 - Anniversary...

志賀高原ビール 其の十 / No. 10 - Anniversary...
価格:1,091円(税込、送料別)

今日のビール。 伊豆韮山 反射炉ビヤ 頼朝。 香りは香ばしさだけでなくコーヒーのような香り。 コーヒーに少し砂糖を入れたような香り…といったほうがいいかも。 口に含むと、まず感じるのは優しい口当たり。 そして、意外にさらりとした飲み口のビールです。 焦げた苦味 ... 続きを読む
今日のビール。

DSC09700

伊豆韮山 反射炉ビヤ 頼朝。
香りは香ばしさだけでなくコーヒーのような香り。
コーヒーに少し砂糖を入れたような香り…といったほうがいいかも。
口に含むと、まず感じるのは優しい口当たり。
そして、意外にさらりとした飲み口のビールです。
焦げた苦味を感じますが、トロっとではなくさらりとした飲み口なんです。
これ、面白い。
でも、このほうが黒ビールとしては飲みやすいかもしれない。
おいしいなぁ。

DSC09701

ビアフェスタのHPより解説。
頼朝(ポーター)
伊豆の地で北条政子と結ばれ、その半生を過ごし、後に鎌倉幕府を開いた「源頼朝」をイメージしたビールです。
イギリスタイプの黒ビールで、芳醇な香りと深い味わいがありながらも、女性でも飲みやすい仕上がりです。
まさに源頼朝のごとく、平家を打ち破る強さと、自分の妻子には甘かったとされる優しさが共存し、やみつきになるビールです。

もともとポーターは飲み飽きない味わいとしてイギリスで飲まれていたスタイル。
こってりしすぎないので、ドリンカビリティは高いと思います。
黒ビールだけど…ってのは今だからであって、昔は黒ビールが多かったわけですし、そういうのは違うんですよね。

ギネスのようにさらりとしているけど、味わいのしっかりとしたビール。
そういうふうに思いましたけど、どうでしょうか?

満足。

志賀高原ビール 其の十 / No. 10 - Anniversary...

志賀高原ビール 其の十 / No. 10 - Anniversary...
価格:1,091円(税込、送料別)



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今日のビール。 伊豆韮山 反射炉ビヤ 早雲。 柑橘系のホップの香りがとてもきれいなビールです。 とても華やかな香り。 口に含むとすっきり飲めてきれいに苦い。 ほのかに甘みを感じるのもまたおいしかったりします。 苦いだけではなく甘みも少しあるのだけど、そのバラン ... 続きを読む
今日のビール。

DSC09698

伊豆韮山 反射炉ビヤ 早雲。
柑橘系のホップの香りがとてもきれいなビールです。
とても華やかな香り。
口に含むとすっきり飲めてきれいに苦い。
ほのかに甘みを感じるのもまたおいしかったりします。
苦いだけではなく甘みも少しあるのだけど、そのバランスがきれいだなと思うビールです。

DSC09699

ビアフェスタのHPより解説。
早雲(アメリカンペールエール)
名前の元となった北条早雲は、一介の素浪人から大名へのし上がった、下克上の代名詞ともいわれる伊豆地方の戦国大名です。
一方「クラフトビール」のブームは、アメリカの1個人であったホームブルワー達が火をつけ世界中に広く知れ渡ることとなりました。
まさにビール界における下克上を成し遂げた米国のホームブルワーへ尊敬の念を込め、アメリカンペールエールに「早雲」と名付け、反射炉ビヤの新定番ビールといたしました。
爽やかなホップの香りとクリーンな苦味の爽快系な仕上がりです。

同じ反射炉ビヤの太郎左衛門がイングリッシュペールエールなら、こちら早雲はアメリカンペールエール。
その両方とも作っているブルワリーはそう多くないのではないでしょうか?
そしてどちらも同じくらいおいしいってのがとても素晴らしいと思います。

このビールは美味しい。

満足。

志賀高原ビール 其の十 / No. 10 - Anniversary...

志賀高原ビール 其の十 / No. 10 - Anniversary...
価格:1,091円(税込、送料別)