カテゴリ: 三重県のビール

伊勢角屋麦酒とスティルウォーターのコラボレーションビール。 日本酒の香りや風味を感じるビールです。 ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF4598
伊勢角屋麦酒 SPRING FEVER。
紅茶のような香りのビールです。
そして、なんとなく日本酒のような香りも感じます。
面白い香りです。
口に含むと、さっぱりとした苦みを感じますが、ごくごく飲めるビールです。
その味わいの中にフルーティで日本酒の吟醸香のようなものを感じるビール。
いいね!
DSCF4599
GoodbeerのHPより解説。
日本オリジナルの農大花酵母と、酒米を副原料に使い、「花」が咲く「春」をキーワードにした「ジャパニーズ・セゾン」です。
伊勢角屋麦酒の天然酵母、農大花酵母への取り組みを知った方より、コラボレーションの企画をいただき、アメリカのSTILLWATER ARTISANALさんをゲストブルワーに迎え、一緒に仕込みを行うことになりました。
通常のはなきんシリーズとは異なり、「春愁」「春の微熱」「恋に落ちる」「恋焦がれる」という「SPRING FEVER」とSTILLWATERのブライアンさんが名付けました。
日本酒を思わせる醸造香と深いコク、飲み終わりのほのかな甘みをお楽しみください。

吟醸香っていう香りをあまり意識していなかったんですが、ここ最近、これがそういうものかなというのを考えるようになりました。
このビールの香りは、吟醸香とは少し違うような気がしますが、それでも日本酒らしい香りというのはとてもしっくりきます。
日本酒ってなかなか面白いですね。
そしてそんな香りや味わいがビールともあうってのも面白い。

そして、このビールはスティルウォーターとのコラボレーションビールなんですね。
スティルウォーターらしい…と思うほどは飲めていませんが、こういうビールを飲むと、コラボレーション先のビールが飲みたくなります。
ってことで、今度注文をしなくては…

満足。


 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

伊勢角屋麦酒のフォースIPA。 樽生で飲んでも、ボトルで飲んでもおいしい。 これは買うべし、頼むべし! ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF4617
伊勢角屋麦酒 フォースIPA。
香りはトロピカルでジューシー。
マンゴーのような香りとでも言いましょうか?
好みの香りです。
口に含むと、味わいもまたトロピカル。
パイナップルのような甘味も感じる味わいです。
あとに柑橘系の皮の渋みのような苦みがあります。
パイナップルのような甘味を、渋みのような苦みですっきりとさせてくれる。
とてもおいしい、好みのビールです。
DSCF4618
GoodbeerのHPより解説。
人気の高い柑橘系ホップ「Equinox」「Mosaic」「citra」を使用した、爽快なIPAに、柔らかなモルト感の深みとコクをもたせました。
これからも「守りながら、攻めていく!」という思いを込めて、"FORCE"と名付けました。
甘くフルーティーな香りと、ほどよく深みある瑞々しい口当たりの裏から、エッジの効いた苦みが徐々に姿を現します。
飲みやすく、しっかりと引き締まった余韻。
爽快なIPAに、柔らかなモルト感の深みとコクをもたせ「最初ほの甘くて、苦みが出てきてガラッと変わる」二面性を感じさせるIPAです。

このビール、以前ピガールで飲んだ時にもかなり感動したビールなんですよね。
樽生で飲むよりも味わいは落ち着いている気がしますが、それでも華やかさ、トロピカル感、ジューシー感は素敵です。

このビール、定番にしていただきたい!
これは見つけたら絶対に飲むべし。
おすすめです!

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

伊勢角屋麦酒のUp2 IPA. アップアップIPAの意味を確認しなくては… ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF4544
伊勢角屋麦酒 Up2 IPA。
アップアップIPAというようですね。
香りは華やかでトロピカルな香り。
ほんのりジューシーさを感じる香りでもあります。
口に含むとホップの草っぽい苦みを感じる味わいです。
温度が上がってくると、その苦みなどの味わいがより強くなってきます。
そうすると味わいとしてもかなりあたりが強くなってくるので、個人的には少し冷えた状態で、香りも強く感じすぎないパイントグラスで飲むのがおすすめなんだと思います。
DSCF4545
紹介文章より解説。
IPA の特徴であるホップのキャラクターを引き出そうと、フレッシュで青々とした柑橘系のホッ プの香りを、いかにビールに載せて貯めるか。
そしてホップの苦みの質をいかに高めるかに こだわっています。
瑞々しくジューシーな口当りと、クリアで雑味のないはっきりした苦みで、「ホップジュース」のように「喉がおかわりを呼ぶ」IPAの登場です。

ビールの感想を変えるのは、状態はもちろんですが、ビールのグラスだけでなく液体の温度なんかも関係してきますよね。
このビール、キンキンに冷やして…とは言いませんが、少し冷たい状態で飲むほうが、個人的にはおいしさをより感じやすいのではないかと思います。

ビールとは関係ないですが、伊勢角屋麦酒のシーズナルビールのラベルは、いつも攻めているなと思います。
そういうラベルのデザインを記録としてとどめておきたいというのも、このブログに記録をしている意味でもあると思うので、できるだけシーズナルビールはきちんと飲んでおきたいと思います。

満足。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

火の谷ビールはどのビールもおいしいと思うんですけど、その中でも一番好みかもしれません。 ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF2983
火の谷ビール スチームビール。
焙煎された香ばしい香りのするビールです。
口に含むと、渋みのような苦みと焙煎された苦みが混ざり合った苦みを感じる味わい。
滲みるような苦みがとても好みです。
ここ、いいね!
DSCF2984
ビアフェスタのHPより解説。
ラガーなのにエールのような味わいが病みつきに。
スチームビール。
またの名をカリフォルニア顧問ビール。
通常8-10度の低音で発行させるラガービールを、あえてえーるなみの18-20度の高温で発行させたビール。
ラガー特有のコクと麦香がありながらもエールのような華やかな香りと味わいも兼ね備えた魔法のようなビール。
アメリカのアンカースチームにインスパイアされました。

このビール、かなり好みです。
そして、解説にも書かれているわけですし、アンカースチームビールと飲み比べてみたいと思います。
さぁ、買ってこないとね。

満足。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

伊賀流忍者麦酒。 このネーミングだけでなく、ラベルも味わいも好みです! ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF2980
火の谷ビール 伊賀流忍者麦酒。
芳ばしさだけでなく、とてもほのかにですが熟した果実のような香りも感じる。
口に含むと、黒ビールらしい、焙煎された味わい。
でも、焙煎されただけでなく、どこか果実味を感じる味わいで、とてもおいしいと思うビール。
これ、いいね。
DSCF2981
ビアフェスタのHPより解説。
飲んだら消える!?NINJAなやつ。
伊賀の酒米「うこん錦」と古代米「伊賀黒米」を一部に使用。
忍者カラーを意識したダークラガー。
黒米を使用することで煙幕のようなほんのり濁りを演出。
味はお米を使用することで軽やか&ライトな忍者の素早さを表現。
デザインは外国人にもCOOLとおもってもらえるようなものを目指しました。
これらのストーリー性、味、デザインが認められ、三重県が選ぶ一品「みえセレクション」に選定され、国際ビール品評会入賞。
開発2年にも関わらず、多くの実績を出しています。

ダークラガーって正直、あんまり好みではないんですよ。
でも、このビールはいいなと思いました。
ラベルのデザインも素敵だと思うし。
これはおすすめしたいビールです。

ぜひ!

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

三重県のビールです。 苦みは控えめで飲みやすいビールです。 ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF2978
火の谷ビール 火の谷ラガー。
香りは麦の甘みを感じる香りです。
ホップのすっきりとした香り…というよりは柔らかな香り。
口に含むと、苦みはさほど感じません。
どこかジューシーな味わい。
最後に少し苦みを感じますが、苦みは控えめなビールといっていいと思います。
意外と好みなビールです。
DSCF2979
ビアフェスタのHPより解説。
何杯でも飲みたくなる、プレミアムラガービール
火の谷という生会えを背負うシグニチャービール「火の谷ラガー」。
地元美杉町の有機栽培のお米を原料の一部に使用。
お米を使用することで、すっきりとした飲み口を演出。
香りづけには、ドイツ産のホップを使用。
コク、キレ、香り、三拍子そろった、プレミアムラガービールです。
いかなる料理とも合います。

確かに飲みやすい、そして飲み続けやすいビールだと思います。
これはなかなかいいぞ。

満足。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote