カテゴリ:試み > ビールのあれこれ

ビールはパイントグラスで…ってよく目にするのですが、ようやくその意味が自分でもわかってきた気がします。 ... 続きを読む
今日のビール。
DSCF4434
志賀高原ビール 1t IPA。
いや、なんとなくですけどこのビールはパイントで飲んだほうが絶対においしいと思ったんです。
いつもはチューリップ型のグラスで飲んでいますけどね。
香りもしっかり、味わいも濃厚。
こういうビールはパイントグラスで飲むと、香りもチューリップ型グラスほどではないけど感じられるし、味わいもしっかりと感じられるからいいと思うんですよ。

それにパイントグラスで飲むって、なんとなくラフに飲んでるって感じがするんですが、そういうのもいいと思うんですよね…
DSCF4435
これからも、ビールはチューリップ型グラスで飲んだ感想を書き続けていきたいと思っていますが、絶対にこのビールはパイントグラスで飲んだほうがいいと思うビールはパイントグラスで紹介したいと思います。
初めてのビールはチューリップ型グラスで、香りなどをしっかりと確認。
でも、その中で、香りも強く味わいを楽しみたいと思うビールは、このグラスで飲みたい。

リーデルとかシュピゲラウとか、いろいろなグラスを買って飲み比べてみましたが、パイントグラスで飲むビールって、ちゃんとおいしいと思います。

日本地ビール協会などでも、クラフトビールは香りを楽しむビールだとアピールしています。
そういう観点であれば、確かにリーデルとかシュピゲラウのような、香りが強調されるグラスを使って飲むのがおすすめだと思います。
ですが、やっぱりビールはトータルで楽しみたい…
そう考えたときに、パイントグラスがそこに割って入る余地はある気がします。

いろいろなビールをチューリップ型のグラス、薄張りグラス、IPAグラスで飲み比べてみると、ビールのある一部分が強調されて、バランスが崩れてしまうということがあるなと感じています。
そういうときには、やっぱりパイントグラス。
クラフトビールのベースラインとして飲むときには、パイントグラスで飲むのがおすすめなんじゃないかと思いました。

そんなこと言いながら、まずはチューリップグラスで飲みますけどね。

やっぱりビールは面白い。

満足。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

烏丸御池駅近くのリカーショップ。 ベルギービールのラインナップが素敵でした。 おつまみもリーズナブル! ... 続きを読む
京都は烏丸御池駅の5番出口を出たところそばに、ベルギービール、クラフトビールをたくさん扱っているお店がありました。
DSCF2866
お店は「YaMaYa」。
アルコール全般に強いんだと思うのですが、都心でもなかなかここまで扱っているお店って多くないかなと思うラインナップでした。
DSCF2867
ベルギーやイタリアのビールがずらっと。
DSCF2868
ベルギービール、3本で1000円なんていう売り方もしています。
久しぶりに見たBush Blonde。
思わず買ってしまいました(笑)
DSCF2871
日本のクラフトビールはしっかり冷蔵庫で保存されています。
値段もリーズナブルでうれしい。
DSCF2869
DSCF2870
おつまみも充実していました。
駅から近くて、帰りによってビールとおつまみを買って帰れるのはありがたいですね。
ビールだけでなくワインやウィスキー、焼酎なんかも扱っています。
こういうお店、自分の最寄り駅そばにあったらかなりうれしい…

京都、いいね。 


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

「今、一番好きなブルワリーは?」と聞かれたら迷わず答えるであろう志賀高原ビール。 その志賀高原ビールの情報は「ゆるブル」というブログで発信されています。 こちらのサイトでは限定ビールの発売についても告知されるので、1日に1回は覗いていたりするわけなんですけど ... 続きを読む
「今、一番好きなブルワリーは?」と聞かれたら迷わず答えるであろう志賀高原ビール。
その志賀高原ビールの情報は「ゆるブル」というブログで発信されています。

こちらのサイトでは限定ビールの発売についても告知されるので、1日に1回は覗いていたりするわけなんですけど、そこで「玉村本店 二百十周年感謝祭 兼 新ビール工場完成 & ホップ栽培十周年 記念 収穫祭の記念グラス」が発売されるということで、購入しました。

DSC09774

ついでに準レギュラーになった大好きな其の十とともに。
このビール、好きすぎる。

DSC09775

香りも味も何もかも。
そしてそんなビールをかっこいいグラスで飲めるってのはうれしい話です。

DSC09776

DSC09777

香りが感じやすいスニフター型のグラス。
グラスの厚みはそれなりにありますが、だから頑丈で、持ち歩いてもよさそうです。
白いペイントで志賀高原のロゴ、裏には210周年と書けた数字。

せっかくなので、もう1脚購入して、これからビールを飲み比べるときに使ってみようかと考えています。

満足。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

これもまた人生経験。 ... 続きを読む
DSC09476

DSC09477

DSC09478

DSC09479

DSC09480

DSC09481

DSC09483

DSC09484


これもまた人生経験。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

福岡でクラフトビールのお店にふられ続け、仕方なく普通の居酒屋に. 結果、ここはここでとても楽しかったわけなんですけど、満たされない心をどうするのか、終わったあと、かなり悶々としました. クラフトビールを飲むことが目的の旅ではなかったのですが ... 続きを読む
DSC05109

DSC05108

DSC05111

DSC05112

DSC05113

DSC05114

DSC05115

DSC05110

福岡でクラフトビールのお店にふられ続け、仕方なく普通の居酒屋に.
結果、ここはここでとても楽しかったわけなんですけど、満たされない心をどうするのか、終わったあと、かなり悶々としました.

クラフトビールを飲むことが目的の旅ではなかったのですが、心の奥ではそれでも旅の目的の30%位はその土地のクラフトビールのお店にいってクラフトビールを飲むことだったりするんじゃないかと思います.

困ったものです.

今回はいろいろなアクシデントが重なってのことなんですが、「準備を怠った」という一言に尽きるわけで、今後、そういうことがないように今回のことを肝に銘じ、しっかりと準備をしたいと思います.

準備って大切.
お金も時間も限りあることですからね.
その中で最大限に楽しむためにも、準備はしっかりしましょうね.

やれやれ。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

東京駅のグランスタ内にある飲めるお酢を販売しているお店でビネガービールを飲んできました。 飲む酢 エキスプレ・ス・東京。 長谷川酒店の隣にあるお店です。 ビネガービールのお店ではなく、飲むお酢を販売しているお店。 その中で、ビールで割るとおいしいお酢も販売 ... 続きを読む
東京駅のグランスタ内にある飲めるお酢を販売しているお店でビネガービールを飲んできました。

DSC09036

飲む酢 エキスプレ・ス・東京。
長谷川酒店のにあるお店です。
ビネガービールのお店ではなく、飲むお酢を販売しているお店。
その中で、ビールで割るとおいしいお酢も販売しています。

DSC09037

もちろん、店頭で飲むこともできます。

DSC09042

せっかくなのでビネガービールをお願いします。
Mサイズが380円です。
Lサイズもありますが、さらりと飲むのであれば、Mサイズがおすすめです。

DSC09041

サクッと飲みきりサイズで出してもらえます。
なので、出発前にぐいっとでもいいかもしれませんね。
味は、ベルギービールのベルビュークリークのような甘酸っぱさを感じる味わい。
酸味だけでなく甘みを感じるのと、ビールの苦みが消されているので女性でも飲みやすい味になっています。
健康的にビールを飲むという意味でも面白そうです。

DSC09035

ちなみに購入すると1本が972円。
これで10回分くらいだそうです。

DSC09034

当然、そのほかにもいろいろな味のお酢が売っています。
ビールで割るお酢は、そのうちの一つで、もっと普通に飲むのがおいしいお酢がたくさんあるので、そちらも試したほうがいいと思います。
(ちなみに僕はマンゴーとシークァーサーとブランデーとビールのお酢を購入しました)

試飲もしっかりさせてくれるので、そこで色々と試してみて、気に入ったものを見つけてみるのがいいと思います。

おすすめ!