カテゴリ:場所 > ドイツ

帰りはミュンヘン空港経由で帰国することになっていたわけなんですが、このミュンヘン空港では空港内でビールを作っているのです! そのビールが飲めるお店は空港内にあります。 Airbräu。 エアブロイと読みます。 調べてみるとこのだだっ広いミュンヘン空港内にはいく ... 続きを読む
帰りはミュンヘン空港経由で帰国することになっていたわけなんですが、このミュンヘン空港では空港内でビールを作っているのです!
そのビールが飲めるお店は空港内にあります。

DSC00141

DSC00138

Airbräu。
エアブロイと読みます。
調べてみるとこのだだっ広いミュンヘン空港内にはいくつかこちらのお店があるようですが、今回は第2ターミナルエリア5にあるお店に行ってきました。

DSC00140

店内はさすがビールなお店という雰囲気を醸し出していました。
ちなみに、店内が禁煙、お店の外にも飲めるところがあって、そこは喫煙が可能であるとのこと。
ま、店内がいっぱいだったのでお店の外のテーブルでいただきました。

DSC00142

DSC00143

さてそれではビールを頼みましょう!
ビールは自家製ビールが3種類。
ピルスにヴァイスにヘレス!
ま、ここはミュンヘンですからね!

そしておつまみはやっぱり定番のソーセージ。
しっかりザワークラウトまでついています。

DSC00145

まずはピルスから。
このピルス、とってもおいしいのです。
苦みと麦の味わい。
味のしっかりしたビール。
苦いんだけど味もある。
これ、かなりびっくりしたビールです。

DSC00146

そしてヴァイス。
酸味は控えめで、濃い甘みのある味わい。
さらっとしてなくてしっかり飲みごたえのある味わい。
そう、こういうヴァイスが僕は好きなんですよ…

DSC00148

ソーセージとザワークラウト。
少し甘さのあるマスタードとしっかり辛いホースラディッシュを付けていただきます。
ザワークラウトも、キャベツの酢漬けというよりも、少し煮詰めたような甘さを感じさせる日本のとは違う味わい。
これ、お代わりしたかった…

DSC00150

そしてヘレス。
あまり苦味の強くないビールを想定していたんです。
そして、少し濁りのあるビールを想定していたんですけど、全く予想が外れました。
きりっとした苦味のあるすっきりとした味わいのビール。
ピルスよりもどこか味わいは控えめ、なのでホップの苦みをしっかりと感じるビールのように思いました。
これもおいしい…

DSC00149

セットでプリッツェルが付いてきました。
荒塩がついてたんですけど、この塩の辛さがとてもあうんです。
ビールにも、そしてプリッツェル自身にも。
これもお代わりしたいくらいだ…

DSC00151

3種類制覇して残り時間あと5分くらいというところでもう一杯。
いや、どうしてももう一度ピルスが飲みたくて仕方なかったのです。
この苦みと麦の味わい。
本当においしい。
多分、今回の旅の中で1,2を争うおいしさのビール。
このビール、本当においしい…

DSC00144

ちなみにこちらのお店で出されるピルスはしっかり冷えていました。

自家製ビールということもあって、ビールは1杯3.9ユーロ。
600円弱でこんなにもおいしいビールが飲めてしまうなんてすばらしすぎます。
ヨーロッパに行くときはできるだけフランクフルトではなくミュンヘン空港を経由して、乗り継ぎの合間に絶対にエアブロイに行こうと固く心に決めました。

行く機会があったら是非に!
ピルスに対する見方が変わると思うのです。

おすすめ!



style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-6849153355049672"
data-ad-slot="2789373941">





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote