カテゴリ:場所 > たまプラーザ

たまプラーザにあるラム肉とクラフトビールがテーマのお店、ラムギ屋。 この日に食べたガーリックライスがとってもおいしかった! ... 続きを読む
ここ最近、田園都市線に乗る機会があると途中下車してふらりと立ち寄るお店があります。
DSCF4359
たまプラーザにあるラム肉とクラフトビールがテーマのお店、ラムギ屋。
たまプラーザの駅からはちょっと歩きますけどね。
DSCF4361
樽生のクラフトビールは、全部で6種類。
空いてしまう樽があると、すぐに次の樽につなぎ変えてくれるので、いつも6種類楽しめるのがうれしいんですよ。
DSCF4360
この日はFunkweaks Chakraからスタート。
サイズは、レギュラーサイズで。
レギュラーって言っても、一番小さなサイズなんですけどね。
DSCF4364
お通しがミックスナッツなのも僕にはありがたい。
クラフトビールを飲むとき、ナッツをつまみながらで十分だったりしますからね。
DSCF4367
続いてのビールはSaint ArcherのMosaic Double IPA。
Double IPAと書かれていたので、飲みごたえのあるビールなのかなと思ったんですけどね。
そんなことは全然なく、色合いもモザイクホップの香りも綺麗で、飲み口も比較的すっきりとしていました。
まぁ、アルコール度数が9.0%もあるので、適度に飲みごたえがあって、これはおいしい。
見つけたら頼むべし。
DSCF4368
その日のビールのバランスを示したシートもしっかり準備されているので、迷った時にはこちらを参考にするのがいいと思います。
DSCF4370
続いての一杯は、志賀高原ビールの1t IPA。
いついってもたいてい、志賀高原ビールのビールが繋がっているのが、個人的にはうれしいんです。
DSCF4369
さすがにそろそろ何か食べたい…ということで、ラム肉の鉄串焼きをいただきました。
通常は塩とレモンでいただきますが、+100円で信州にんにく味噌や、バルサミコ&チーズ、スパイシーケイジャンなど味付けを変えていただくこともできます。
ラム肉の塊は柔らかく、臭みもほぼありません。
間に挟まれたパプリカやプチトマトや敷かれた生野菜で、お肉ばかり…ということにならずちょうどいい塩梅。
これはおいしい!
DSCF4372
〆のビールはFire Stone WalkerのUnion Jack IPAを。
最後なのでLサイズでいただきます。
DSCF4374
酔っぱらってくるとやはり炭水化物がほしくなる…
ということで、ガーリックライスをお願いしました。
出てきたガーリックライスには、ラム肉鉄串焼きで使うラム肉の一回り小さいくらいのやつがゴロゴロ入っていました。
しっかりと効かせたガーリックの香りで次の日が心配になりますが、これは必ず頼みたいと思う一品です。
うめし!
DSCF4362
ふらりと来たのでこの日はカウンター。
駅からも少し離れていますし、そんなに座席数も多くはないので、もし行かれるときには予約をするなど空き状況を確認してからのほうがいいかもしれません。

オープンは16時59分と少し不思議な時間。
昼間は別の業態でお店をされているようですね。
定休日が月曜日なのもお忘れなく。

今年のお店では一番お勧めなビアバーです。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

たまプラーザにあるラム肉とクラフトビールのお店。 ここ、最近のヒットです! ... 続きを読む
最近のクラフトビールのお店では、クラフトビール以外にもアピールポイントがあるお店が増えていると思います。
たまプラーザにもクラフトビールとラム肉!という組み合わせのお店ができているので行っていました。
DSCF4112
お店の名前はラムギ屋。
たまプラーザ駅北口を出て歩くこと10分。
広めの通り沿いにはありますが、目の前は公園だったり、周りは閑静な住宅街だったりと立地的には面白いところにあります。
DSCF4114
DSCF4119
DSCF4120
DSCF4124
DSCF4132
クラフトビールは樽生ビールが6種類。
志賀高原ビールやアメリカのクラフトビールが中心のラインナップ。
まだ、あまり出回っていない、新しいスタイルのビールなども積極的に提供しているのでこれからはやるかもしれない…っていうビールが繋がっていることもあるので、ラインアップについてはお店のfacebookなどで要チェックです!

クラフトビールのサイズと値段は、レギュラー(R:270mL)、ラージ(L:380mL)、そしてパイント(Pint:473mL)の3種類です。
値段はRが500円から700円、Lが800円から1000円、そしてPintはLサイズの値段に+300円になります。
個人的にはLサイズが、量と値段のバランスも良くおすすめです。
DSCF4134
DSCF4135
DSCF4136
樽生ビールだけでなく、ボトルビールも充実しています。
限定醸造のビールを数多く取り揃えていますので、珍しいビールが飲みたいときには、お店の方に聴いてみるといいと思います。

DSCF4116
相変わらず、お通しがミックスナッツなのがうれしいですね。

ラム肉メニューに行くまでに、まずは前菜の盛り合わせ。
DSCF4122
切り株のようなお皿に盛りつけられたかなりボリューミーな一皿。
生ハム、キャロットラペ、ポテトサラダ、オリーブ、デザートチーズなど盛りだくさんの品目で、まずはこれから始めてみるのがおすすめです。
DSCF4118
ポテトサラダはいくつか種類があって、燻製ポテサラもありました。
これもまたうまい…
DSCF4121
そしてラムチョップ。
柔らかでジューシー。
適度にひつじを食べているという実感がわく香り。
とても食べやすいので、一人2本くらいは余裕で食べれてしまいます。
DSCF4115
そしてもう一つ、お店の方にお勧めされたのが「ラムギョプサル」。
その中でも、全種類食べ比べ盛りがおすすめだということで、そちらをお願いしました。
DSCF4125
DSCF4129
DSCF4130
DSCF4131
DSCF4133
6種類のラム肉をレタスなどで巻いていただきます。
DSCF4126
 DSCF4127
そのまま食べてもいいのですが、3種類のつけタレがあるので、そちらをつけてもおいしかった。
特に長野県の味噌を使ったタレでいただくのがおすすめです。

個別ではランプ肉とロース芯という部分がラム特有の臭みも少なく、お肉も柔らかくおすすめです。
この辺りはタレを付けずにそのままいただき、そのほかの部位をいただくときにタレをつけていただきました。
いいね!
DSCF4137
ラム肉とクラフトビールの相性はとってもいいですね。
ちょっと癖のあるもの同士の組み合わせだから、うまく噛み合うのかもしれません。
そんなラム肉と嚙み合いそうなラインアップのクラフトビールは、それだけでも十分魅力的なラインナップですが、ラム肉とのマリアージュを楽しむという、もう一つの楽しみ方ができるのもうれしいお店。

ここ、かなりお勧めです!

 

関連ランキング:その他肉料理 | たまプラーザ駅



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

たまプラーザに新しくクラフトビールが飲めるお店ができたと聞いて行ってきました。お店の名前はRAMUGI-YA「ラムギ屋」。ラム肉を使ったメニューとクラフトビールのお店です。お肉とクラフトビールという組み合わせは、ここ最近、よく見かけますが、ラム肉に限定しているのは ... 続きを読む
たまプラーザに新しくクラフトビールが飲めるお店ができたと聞いて行ってきました。
DSCF4030
お店の名前はRAMUGI-YA「ラムギ屋」。
ラム肉を使ったメニューとクラフトビールのお店です。
お肉とクラフトビールという組み合わせは、ここ最近、よく見かけますが、ラム肉に限定しているのは初めてかもしれないですね。

お店は、たまプラーザの駅からは少し歩きます。
徒歩10分程度でしょうか?
住宅街の中にひっそり…ではなく、明るくしっかり目立ってます。
目の前の通りは十分広いので見つけにくくはありませんが、少し離れています。
DSCF4044
DSCF4034
DSCF4042
クラフトビールは樽生ビールが6種類。
基本、ホップの効いたガツンとくるビールが中心になっています。
そうなるとラインアップはアメリカのクラフトビールが中心になります。
同じたまプラーザにあるクラフトビアキッチンは国産のクラフトビールを中心にしていますので、棲み分けができていますね。
クラフトビールのサイズと値段は、レギュラー(R:270mL)、ラージ(L:380mL)、そしてパイント(Pint:473mL)の3種類です。
値段はRが500円から700円、Lが800円から1000円、そしてPintはLサイズの値段に+300円になります。
個人的にはLサイズで飲むのがいいと思います。
厚みのあるグラスなので、ホップのしっかりと効いたビールを飲むにはちょうどいい…
あくまで個人的な感想ですけどね(笑)
DSCF4036
お通しがミックスナッツというのもうれしいですね。
DSCF4038
ラム肉をクラフトビールに合わせる!ということで、外せないなと思って頼んだのが炭焼きラムチョップ。
ニュージーランド産のスプリングラムを使用しています。
1本480円で、1本単位でオーダーできます。
柔らかく、ラムの臭みも控えめ。
確かにラム肉とホップの効いたクラフトビールってあいますね。
DSCF4048
なぜか生牡蠣もメニューにあったので、いただいてしまいました。
プリプリの生牡蠣をつるっといただきます。
これはたまらない…
DSCF4045
店内は、カウンター席が6席程度にテーブル席が10席程度と、こじんまりとしています。
駅からも離れていることもあるので、もし行こうかなと思った時は予約をしておいたほうがいいかもしれないですね。
ここはかなり気に入ったので、また今度、しっかりおなかをすかせて行きたいと思います。
ラム肉とクラフトビール。
いいね!


 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

田園都市線のたまプラーザ駅にあるクラフトビールのお店に行ってきました。お店の名前はCRAFTBEER KITCHEN「クラフトビアキッチン」。たまプラーザ駅から徒歩4,5分といったところにあります。クラフトビールは樽生ビールが10種類程度あります。国内のクラフトブルワリーのビ ... 続きを読む
田園都市線のたまプラーザ駅にあるクラフトビールのお店に行ってきました。
DSCF4017
DSCF4018
お店の名前はCRAFTBEER KITCHEN「クラフトビアキッチン」。
たまプラーザ駅から徒歩4,5分といったところにあります。
DSCF4021
DSCF4027
DSCF4026
クラフトビールは樽生ビールが10種類程度あります。
国内のクラフトブルワリーのビールを中心に扱っている印象です。
サイズと値段は、Sサイズ(280ml)が500円から、Mサイズ(420ml)が750円から、そしてLサイズ(560ml)が1000円からとなっています。
10種類のクラフトビールが揃っているので、個人的にはMサイズで飲むのがおすすめかなと。
そして、お気に入りのビールはLサイズで飲みたい…
この日は志賀高原ビールのImperial Indian Summer Saisonが繋がっていたので、それをLサイズで。
アルコール度数が高いビールをLサイズで飲むときには注意が必要です(笑)
DSCF4020
こちらのお店は、サッポロビールのプレミアムビールも日替わりでつながっています。
この日はエーデルピルスと白穂乃香が繋がっていました。
サッポロのエーデルピルスは、専用グラスでいただけます。
これ、個人的にはかなりうれしい。
すっきりタイプのビールですし、クラフトビールを飲む前に、グイっと飲むのがおすすめです。
DSCF4022
DSCF4023
料理は、お通しもなかなか凝ったものを出してくれますが、おすすめは「本気の前菜盛り合わせ」。
日替わりで自家製の前菜をたっぷり盛り込んだ本気のANTIPASTO MISTO!…という解説。
1人前1500円ですが、2,3人でシェアするのがおすすめだと思います。
これ一品でかなりおなかいっぱいになります。
頼むべし!
DSCF4029
DSCF4019
カウンターが6席程度とテーブル席が20席。
ワインなどのクラフトビール以外のアルコールも揃っています。 
みんなでワイワイやるのもいいですし、カウンターでクラフトビールを飲むのもいいと思います。
たまプラーザ付近にはあまりクラフトビールのお店がないので、なかなか貴重なお店。

おすすめです。





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

昨年の11月に実はたまプラーザにビールなお店ができていたんですね。 クラフトビアキッチン。 田園都市線沿線って、そこまでビールなお店があるわけではないのです。 なので、その存在に気が付いたらいかないわけにはいきません。 ビールはクラフトビールが10種類。 ... 続きを読む
昨年の11月に実はたまプラーザにビールなお店ができていたんですね。

たまプラーザ Craft Beer Kitchenに行ってきた。 (12)

たまプラーザ Craft Beer Kitchenに行ってきた。 (1)

クラフトビアキッチン。
田園都市線沿線って、そこまでビールなお店があるわけではないのです。
なので、その存在に気が付いたらいかないわけにはいきません。

たまプラーザ Craft Beer Kitchenに行ってきた。 (10)

ビールはクラフトビールが10種類。
そこに大手のビールが数種類つながっています。
この日は秋口に向けてということで、IPAが多くつながっていました。

たまプラーザ Craft Beer Kitchenに行ってきた。 (2)

まずは横浜ビールの横濱ラガーから。
すっきりと、そしてしっかり苦いビールです。

たまプラーザ Craft Beer Kitchenに行ってきた。 (3)

続いてはいわて蔵ビールのセッションIPAを。
爽やかな中にもどこか持ったりとした味わいだと感じたのは、もしかしたら最後の方を飲んでしまったからなのでしょうか?

たまプラーザ Craft Beer Kitchenに行ってきた。 (11)

たまプラーザというとクラフトビールだけではなかなか難しく、そこはやはり料理とのマリアージュが必要ということで、料理もおいしそうなラインナップです。
この日は、店員さんお勧めの大山鶏モモ肉のタンドリーチキン風…をいただきました。

たまプラーザ Craft Beer Kitchenに行ってきた。 (6)

カレー味にアレンジされたスパイシーな料理。
盛り付けも凝ってるなぁ…
うまい!

たまプラーザ Craft Beer Kitchenに行ってきた。 (4)

続いてのビールは志賀高原ビールのDPA Harvest Brew。
これ、つながっているとしっかり頼んでおきたいビール。
しかも、Harvest Brewっていうのもまたよし!

たまプラーザ Craft Beer Kitchenに行ってきた。 (9)

そしてビアへるんのIPA。
なんとなくチョコレート感を感じるこのビール。
苦いんだけど、なんとなく煮詰めてあるような味わい。
うむ。
IPAなのに不思議なビールだ。。。

たまプラーザ Craft Beer Kitchenに行ってきた。 (7)

たまプラーザ Craft Beer Kitchenに行ってきた。 (5)

たまプラーザ Craft Beer Kitchenに行ってきた。 (8)

クラフトビールはS,M,Lの3種類。
いろいろと種類が飲みたいのであればSサイズでいろいろと飲んだほうがいいかもしれません。

料理もこの日は一品だけでしたけど、ほかにも頼みたい料理が多かったので、今度は3,4人くらいで行ってみたいお店です。
クラフトビールだけじゃなくて料理がおいしいと、人を誘いやすいんですよね…


おすすめ!




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote