カテゴリ:僕の健康 > がんになりまして

がんになりまして。 気が付けばもう7年。 治療を受けるということについて考えてみました。 ... 続きを読む
気が付けば6月もあと少しでおしまいです。
っていうことは、舌がんになって7年が経過したということになります。

術後5年が経過した時点で、基本的には再発はないということで一安心ですが、このブログでも記録している通り、ビールは飲み続けていますし、潰瘍性大腸炎にもなっている、いろいろなリスクを抱えているカラダです。
今後も定期的に確認はしていきたいと思います。
IMG_0256

閑話休題。

ここ最近の話題として、がん治療における「標準治療」という言葉が世間をにぎわせています。
民間療法がどうだこうだという話も出てきていて、いや、もちろんそれがあまりよくないなと個人的にも考えていますが、僕ががんになった7年前から、全く議論が進んでいないと感じていることについて、こうなったらいいのに…と感じていることを記録に残しておこうと思います。


標準治療とはどのような治療なのか…
まずはそこからかなと思いましたので、その定義から。
かの有名な国立がん研究センターがん情報サービスのHPでは、このように定義されています。

「標準治療とは、科学的根拠に基づいた観点で、現在利用できる最良の治療であることが示され、ある状態の一般的な患者さんに行われることが推奨される治療をいいます。
一方、推奨される治療という意味ではなく、一般的に広く行われている治療という意味で「標準治療」という言葉が使われることもあるので、どちらの意味で使われているか注意する必要があります。」

ここで、覚えておきたいのは患者さんの状態によって、選択される治療は異なるということです。

標準治療を受けるべき、提供するべき…というのは当たり前なのですが、医療者はその患者にとっての最適な治療はこれであると信じて、その治療法を選択しているということは覚えておかないといけないと思います。(それが現在の標準治療とは異なっていたとしても、その医療者が目の前の患者に対する最適な治療として、自信をもって提示していることがほとんどなのではないかなと思います。これはおそらく、民間療法を推奨している医療者も、そこに関しては同じなのではないかと思っています。)
IMG_0229

じゃあ、どうしたらいいのか?
僕の中での答えは、「医療を受ける側も、しっかり治療について調べて、一緒に考える必要がある」だと思っています。
なぜその治療法なのか?自分が調べた治療法とはなぜ違うのか?
そこを医療者とすり合わせることで、その人にとって納得のいく治療がなされ、また、患者自身の納得があるからこそ、治療に対する満足度が上がり、もし、治療がうまくいかなかったとしても後悔が少なくなる。
それが、本当の意味での標準治療なのではないかと思います。
(さきほど定義した標準治療からは、少しずれてしまいますけどね)
もう、言われたままの治療を何も考えず受け入れるってのは、今の時代にはそぐわなくなっているんじゃないかな。
IMG_0247

この観点で、オーシャンブリッジ高山のブログを運営されているこの方は本当に素晴らしいと思います。
そうすることで、日本において医療を受けるということに対する認識が変わり、みんなが納得のいく治療を受けられるということに繋がっていくのではないかと思っています。


納得して治療を受ける、その姿勢が大切。
専門外のことを調べるってのはとても大変だと思いますし、医療者をプロフェッショナルなんだから…というのは簡単です。
でも、結果は自分に返ってきてしまうのです。
患者自身の医療に対する考え方を変わることで、医療者の考え方も変わる。
患者と医療者も、ある意味、相互監視の関係性が作られないと、この先も同じことが言われ続けるのかなと思いました。

まぁ、言うは易し、行うは難しなのですが、もうそろそろ…ね。
さ、ビール飲みますか。




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どもども。 先日、定期診察がありました。 CTなどの検査はなかったんですけど、特に再発を認める所見はなしということで一安心。 前回は4年10か月くらいのところだったので、しっかり5年再発はしていないだろうということを宣告される受診でした。 まぁ、ほら。 なんだかん ... 続きを読む
どもども。
先日、定期診察がありました。
CTなどの検査はなかったんですけど、特に再発を認める所見はなしということで一安心。
前回は4年10か月くらいのところだったので、しっかり5年再発はしていないだろうということを宣告される受診でした。

まぁ、ほら。
なんだかんだ言ってここまで来ていると、再発を考えるわけではなく、定期的な確認になってしまうんですけどね。
でも、やっぱり確認してもらって、「大丈夫」といわれることの安心感はあるわけです。

舌がんになったにもかかわらず、その後もビールを続けて飲んでいるわけです。
時には不安になることもありますしね。

現在の症状としては、切除した部分にしびれを感じるくらいかもしれません。
これはもう慣れてしまったけど、切除したあたりの部位がずーっと痺れてます。
「じわーっ」と。
これはもうこれから先も付き合っていく症状なんでしょうね。
我慢できる。
でも、この痺れが日によって違うわけです。
それこそ、ビールでもバーレーワインやウィスキーをストレートで飲む…なんてことをした次の日は強くなる気がする。
アルコール度数を敏感に感じられるようになっていますね、時間差だけど。

そして、少し前までずーっと気になっていた「がま腫」。
これはもう半年以上、出ていない気がします。
おそらくは唾液腺の交通がスムーズになったんだと思いますが、がま腫がはぜた後、やはり傷口になるからだと思いますが、お酒飲むと腫れるような気がしていました。
それがなくなったのはかなりうれしい。

やっぱり痺れが強くなるとか、がま腫ができる、そんな傷口が腫れる…なんてのは嫌なことです。
再発ってことはないだろうけど、新たにがんができる可能性は増えるわけで、それは良くないですからね。

舌がんのリスク因子はタバコとお酒。
これは、高齢者でのリスク因子です。
刺激が長期間にわたった時に発現する可能性があるってことで、そのあたりはこれからも気を付けていかないといけないですからね。

5年経過したので受診もこれでひと段落…と行きたいところですが、これからも継続していきます。
半年とか1年というスパンでですけど、続けてみてもらいたいと思います。
舌癌のリスクファクターはこの先も自分は抱えるわけですし、舌癌以外にも食道がんや胃がんのリスクはありそうなので、この病院にもう一度お世話にはなりたくないけど、そうなったときにスムーズに進めるようにという保険もかねて。

忘れたころに更新…ということになりそうですけど記録を続けていきたいと思います。




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今日は久しぶりの受診日でした。 そう、気が付けばがんになって4年10か月。 CT検査と診察。 結果は特に異常は見つからず、もう大丈夫でしょうということで次回の診察は10月となりました。 本当は6月に受診したかったんですけどね。 なんとなく、それを言い出せず半年後の10 ... 続きを読む
今日は久しぶりの受診日でした。
そう、気が付けばがんになって4年10か月。
CT検査と診察。
結果は特に異常は見つからず、もう大丈夫でしょうということで次回の診察は10月となりました。

本当は6月に受診したかったんですけどね。
なんとなく、それを言い出せず半年後の10月になりました。

5年たったので、治ったといってもいいと思うんですけどね。
でも、頭頸部のがんはリスクファクターがお酒だったりするので、頭頸部、食道、胃のリスクが高いのです。
なので、定期的にこれからもこの辺りを確認しておきたいと思います。

ビールたくさん飲むしね。

そして潰瘍性大腸炎もあるしさ。

やれやれ。
ま、いいんだけどね。

それにしても、今日、再発の疑いが…って言われたらかなりショックだっただろうな。

まぁ、こうやって経過観察の記録はちゃんとつけておこうと思います。

次は10月。
でも、その前に2週間後に潰瘍性大腸炎の診察があります。
次あたり、また検査しておきたいなぁ…



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

3か月、半年くらいの感覚で舌がんの経過を観察しているのです。 昨日、久しぶりにその受診でした。 舌の状態と鼻から内部を覗いて触診して、リンパ節の腫れを確認。 特に問題なしということになりました。 術後の診察って、あんまり大したことをやりません。 CTとかとれば別 ... 続きを読む
3か月、半年くらいの感覚で舌がんの経過を観察しているのです。
昨日、久しぶりにその受診でした。
舌の状態と鼻から内部を覗いて触診して、リンパ節の腫れを確認。
特に問題なしということになりました。

術後の診察って、あんまり大したことをやりません。
CTとかとれば別なんだけど、それだってCTの結果を確認して問題のあるなしを説明してもらうだけだからなぁ。

問題ないということだけ確認して終了するってことがとても素晴らしいことなんだけどね。

これであと8か月。
問題なければ終了です。

次回は4月にCT撮って確認です。
CTは特に撮らなくてもいいんだけど、なんとなくね。

4月の診察の後、記念の6月にもう一度受診をするのか、そのあと経過の確認のために半年後に受診となるのかはわからないけど、さてさてといったところです。

僕は潰瘍性大腸炎もあるので、ほかの場所にがんが出来る可能性は高いんじゃないかと思っているので、このまま継続して診察をしてもらおうと思っています。
なんかあった時に安心だしね。

舌が腫れることもほとんどなくなって、唾液腺の交通もよくなって、がま腫になることもほとんどありません。
しいて言えば、切除したところが痺れるくらいで、そのほかは全くないので、舌がんであったことを忘れることも多いんだけど、そこはしっかりと覚えておかないといけないと思っています。

とりあえず、舌がんになって4年4か月。
元気でいることの記録です。



やっぱり再発しないってうれしいことだよね。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

あ! ってことで、4年前の今日、舌癌の手術をした日でした。 4月頃に受診したので、今がどうだかはわからないけど、転移はしてないと思います。 なので、これで4年。 あと1年でとりあえずは完治したということになるのだと思います。 はじめの2年位はどきどきしたけど、 ... 続きを読む

あ!
ってことで、4年前の今日、舌癌の手術をした日でした。

4月頃に受診したので、今がどうだかはわからないけど、転移はしてないと思います。
なので、これで4年。

あと1年でとりあえずは完治したということになるのだと思います。

はじめの2年位はどきどきしたけど、ここ最近は「がん」であったことも意識することもなく、それじゃまずいかもしれないなと思ってこうやって記録を残しているわけなんですけど、それも来年で終わりかな…

でも、今度はそれに引き続き「潰瘍性大腸炎」になってしまいました。
こちらはペンタサ錠(正確にはジェネリック医薬品である「メサラジン錠」)という薬を1日に6錠も飲みつつ、1年に1回大腸内視鏡検査を行いながら経過を確認しています。
今のところ、寛解を維持しておりまして、お酒も飲みつつ、辛いものも食べつつ、のほほんと生活をしておりますが、「潰瘍性大腸炎」はお金かかりますね。

舌癌は手術は高かったけど、そのあとはそんなにお金かかりません。
でも、「潰瘍性大腸炎」は年間で10万円くらいかかるんじゃなかろうか…

そして、この病気、なんだかんだ治癒しないんですよ。
あくまでも寛解を維持するのが現在のところ。

毎年10万円。
医療費って高いなぁ…


「潰瘍性大腸炎」。
その根治的な治療になるかもしれないという臨床試験が慶応大学病院で実施されているというのを知ったのはついこの前
なんでも、健康な人の便を腸内に入れて、健康な人の腸内細菌を移植しようという試みのようで…

年間10万円が、これでなしになるのであればやってみたいかもしれない…


そんなことを考える今日このごろです。



いやはや。
本当に、平和になったなぁ…
そんなことを考えると、がんという恐怖から開放されたんだなとしみじみと感じます。




ふぅ。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どもども。 昨日、久々の受診でした。 CT撮影して特に転移を認める所見はないとのこと。 これで3年10か月。 元気に来られました。 次回は半年後です。 ま、ちょっと早いけど4年間、無再発生存できたことになります。 正直、長かった?と聞かれたらわからない。 あっという ... 続きを読む


どもども。
昨日、久々の受診でした。
CT撮影して特に転移を認める所見はないとのこと。
これで3年10か月。
元気に来られました。
次回は半年後です。
ま、ちょっと早いけど4年間、無再発生存できたことになります。

正直、長かった?と聞かれたらわからない。
あっという間だったような気もするし、そうではなかった気もする。

のど元過ぎれば熱さを忘れる…
それと一緒かもしれないです。

ちゃんとね。
舌癌になっても生きてます。
しっかり毎日浴びるようにビールを飲んでもね。

潰瘍性大腸炎になったりしているけど。
でも、それとこれとは関係ないし。


ま、順調なんです。


ただ、考え方にいろいろと変化は出てきた気がします。
前にも書いていましたけど、僕個人は「がん」であることは隠す必要はないと思っています。
他の疾患と同様に自ら言う必要はないと思うけど、でもやっぱりカミングアウトしたいです。
特に今は。
その理由は、まだ「がん」を特別視する人が多くいるから。

がんといわれて引く人、多いよね。
ま、そりゃ仕方がない。
きっとね、そういう人は身近にそういう人がいなかったんですよ。
だからです。

なので、そういう人を一人でも減らせるように、自分はふわりと「がんであること」をカミングアウトしています。
ま、それって自分にとっては今日朝ごはん食べたってことと同じような言葉としてとらえられているからですけど。

そうじゃない人にとっては難しいと思います。
なので、そういう人は言わなくてもいいと思う。
でも、特別視しない人であれば、そういうことはカミングアウトしてもいいと思うんです。
そういう人からの「がん」に対するアドバイスは面白いほど聞いてくれます。

以前、話をしたかもしれないけど、術後の話としてお酒は少なくとも半年はやめたほうがいい、粘膜がひどいことになるから…
これ自分の体験談としてのことですけど、自分が「がん」であることを伝えずに患者に伝える時と、カミングアウトしてからこの言葉を伝える時では全然受け止められ方がわかれている気がします。
ま、そういうものですけど。
なので、そういう人は今の予備軍というか今から治療を受ける人の話し相手になるといいと思うんです。
そのことで一人でも多くの人が「がん」に対する意識を改めてくれたら…
誤った知識を受けることなく正しい治療に臨んでもらえたら…

そのためにも患者だけでなく医療スタッフもきちんと認識を新たにしないといけないと思うんですけどね。


まぁ難しいことですよ。


でも、そういうのって面白いから。
笑い話にすることでもなく、ただ楽しくその日の出来事として「がん」について語ることができる。
それが早く普通になったらいいのにな…



そんなことを考えて。




まぁ、でも僕は大腸がんとかほかのがんのリスクファクターを持っているので要注意には変わりありませんが。



でも、よかった~…


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote